iPad版のIllustratorはPC版と何が違う?機能や特徴をわかりやすく解説

iPad版のIllustratorはPC版と何が違う?機能や特徴をわかりやすく解説

多数のデザインソフトを開発・販売していることで知られているAdobe(アドビ)社、そのAdobe社の代表的なグラフィックデザインソフトが「illustrator(イラストレーター)」です。

>> Adobe Illustrator の公式サイトはこちら

Adobe製品を無料で体験する

「イラレ」と略して呼ばれることが多いこのソフトは、世界的なデザイナーや企業が使用していて、世界中にあるデザインのほとんどがこのillustratorを用いて作られていると言っても過言ではありません。

そんなillustratorですが、iPadに最適化した機能と操作感を提供するiPad版のIllustratorが存在しているのです。

今回は、iPad版illustratorについて知りたい方に向けて、iPad版illustratorにできることPC版illustratorとの違いについて詳しくご紹介していきます。

【結論】IllustratorのiPad版はPC版との併用前提と考えるのが無難

iPad版illustratorには、たくさんの機能があり使い勝手もよいですが、結論から言ってしまうと、iPad版illustrator単体での使用はあまりおすすめできません。

iPad版illustratorは、PC版のillustratorと併用することが前提条件と考えることが無難になります。

あわせて読みたい

 

iPadへのタッチ操作だけでデザインを行うことができるので、外出時の作業に重宝するなど、iPad版illustratorにはメリットがたくさんあります。

 

iPad版illustratorでもハイクオリティの作品を作成できるので、趣味の範囲や学校での課題などでは、まったく問題はありません。しかし、よりクオリティの高い商用の作品を作る際には、iPad版の制作物だとPC版に比べて見劣りしてしまうことも事実です。

しかしながら、iPad版illustratorにはたくさんのメリットがあり、使用することでその快適さに感動することでしょう。

さらに、PC版のillustratorとの併用ならば、iPad版とPC版の「良いとこ取り」も可能になるのです。

>> Adobe Illustratorを無料で試す

あわせて読みたい

iPad版Illustratorでできること・主な機能

では、iPad版Illustratorには、どのようなことができるのでしょうか?

ここからは、iPad版illustratorができることと主な機能について説明していきたいと思います。

Apple Pencil用に最適化

iPad版Illustratorは、Apple Pencil用に最適化されていることが大きな特徴です。Apple pencilを使用することで、反応の速さや動きの滑らかさなどを実感することができます。

ピクセル単位でグラフィックを編集する際に求められる細かな機能が全て備わっているので、iPad版illustratorとApple pencilがあれば、頭の中のイメージをそのままiPad版illustratorに映し出すことが可能になります。

また、Apple Pencilだけではなく、指でのタッチ操作を組み合わせることで、もっともっと快適に操作ができることも特徴です。

Apple pencilで自由に編集できるベジェ曲線をつくってから、タップ操作でツールを変更することもでき、デザインの可能性が無限大に広がっていきます。

ベクター変換

Illustrator iPad 版では、ベクター変換が可能です。ベクター化ツールを使用して、JPEG、PNG、PSDなどのスケッチやラスタライズ画像をベクターアートに変換することができます。

内蔵カメラから画像やコンピュータのディスプレイに表示された静止画や動画をデータとして保存して、ベクターアートワークに変換することができます。さらに、アートボードのiPadから画像を配置することも可能です。

ベクター化を実行する際は、オブジェクトパネルからの適用ができます。この機能によって、パフォーマンスの向上やiPadとデスクトップのワークフローの合理化などの機能が向上します。

アートブラシとカリグラフィブラシ

illustratorには「ブラシツール」があり、このツールを利用することでデジタルの線だけではなく、筆や木炭、チョークで書いたような装飾や、模様の線を描くことが可能です。

iPad版illustratorでは、アートブラシとカリグラフィブラシを使用することができます。カリグラフィブラシでは、マーカーで描いたような線を引けるので、線にイキイキとした表情が出てきます。

さらに、アートブラシでは、手書きのような温かみのある線を引くことができます。カリグラフィブラシよりもアナログチックなタッチが特徴的なアートブラシですが、さらに、ブラシライブラリメニューの中にインクや絵筆、装飾といった様々な種類があることが特徴です。

いろいろ使い分けることで、表情豊かな作品を作り上げることが可能になります。

Photoshop・Frescoとの連携

iPad版illustratorはCreative Cloudアカウントに同期するので、他のCreative Cloudのアプリとの同期化が可能です。Illustratorとの相性がよい画像編集ソフトであるPhotoshopともシームレスに連携できます。

あわせて読みたい

また、タッチデバイスやスタイラスデバイスに対応するドローイングとペインティングのアプリケーションである、「Adobe Fresco」。

Adobe Frescoは、iPadやWindowsでも使用できます。さらに、iPhoneにAdobe Frescoをインストールするだけで、どこでもクリエイティブな作品を作り出せます。

iPad版illustratorはこのAdobe Frescoとも連携がスムーズなので、作業の効率化を図ることが可能です。

塗りブラシの機能を強化

iPad版illustratorでの塗りブラシ機能の強化は、イラストレーターやデザイナーからの要望が高かった項目です。これが、2021年のアップデートによって実現しました。

「塗りブラシ」ツールには、新しく「テーパーオプション」が追加されました。ブラシの先端を細くすることで、より自然な見た目のパスが作成できるようになり、描画の精度が高められるようになりました。

テンプレートのサポート

こちらも、アップグレードによって実現しましたが、iPad版illustratorのテンプレートのサポートが強化され、作業を効率化できるようになりました。

Illustratorテンプレートがサポートされたことにより、Adobe Stockやその他のマーケットプレイスから既存のテンプレートを入手して、テンプレートをセットアップする手間を省けるようになりました。

既存のテンプレートの活用だけでなく、オリジナルのカスタムテンプレートを作成して、作業効率をさらにアップすることも可能です。

PC版とiPad版の違い

PC版illustratorとiPad版illustratorには、どのような違いがあるのでしょうか?

iPad版は機能が限定されている

PC版illustratorに比べて、iPad版illustratorは使える機能が制限されています。それでも、ベクター描画などもでき、illustrator特有の機能に関しての基本動作に変わりはありません。

PC版illustratorは、非常にたくさんの機能が充実しています。それはうれしいことですが、中には使わない機能も含まれています。限定というより「厳選」と考えると、メリットになるかもしれません。

>> Adobe Illustratorを無料で試す

タッチショートカットが使いにくい

iPad版illustratorでは、タッチショートカットが使いにくいという意見があります。

iPad版illustratorでは、タッチショートカットが、画面の左下に表示されています。

タッチショートカットにはプライマリとセカンダリがあり、切り替えることができます。しかし、iPad版illustratorではタッチショートカットは小さな丸でしかないので、使っているうちに、誤操作でプライマリとセカンダリが入れ替わってしまう場合があります。

複雑なレイヤー構造の場合作業がしにくい

illustratorでのレイヤーとは、複数の透明なフィルム状のレイヤーに置かれたオブジェクトやテキストを重ねてイラストや画像を編集する機能のことです。

他のデザインソフトでこの作業を行う場合には、たいへんな手間が必要になります。

しかし、PC版のillustratorをつかうことで、この面倒な作業を簡単に行うことができます。

iPad版illustratorでは、PC版のillustratorよりも複雑なレイヤー構造の作業がしにくいですが、他のソフトよりは効率的であるとも言えます。

iPad版Illustratorの料金はいくら?PC版より安い?

利用する際に気になるiPad版illustratorの料金ですが、多くのAdobe社の製品と同じように、iPad版illustratorにも買い切り版の存在はありません。使用したい際には、サブスクリプションサービスを契約して、利用料金を支払うことになります。

また、iPad版illustratorの料金は、利用するプランや使えるソフトによって異なっています。自分の用途にぴったりのプランを見つけることで、お得に使用することができます。

iPad版Adobe illustratorプランを利用

●iPad版Adobe illustratorプラン:1,080円(月額料金・税込)

iPad版illustratorを利用したい場合、このiPad版Adobe illustratorプランが最安値になります。しかし、利用できるソフトはiPad版illustratorのみとなっています。Illustratorを使う際には必須とも言えるPhotoshopなど、他のAdobe社製品を使用したい場合には別に購入する必要があり、コストがかさむ場合があります。

>>iPad版Illustratorの公式サイトはこちら

Adobe illustrator単体プランを利用

●Adobe illustrator単体プラン:2,728円(月額料金・税込)

Adobe illustrator単体プランは、本来はPC版のillustratorを利用するプランです。しかし、このAdobe illustrator単体プランを契約するとPC版とiPad版の両方のillustratorを使用することができます。ただし、こちらのプランもiPad版Adobe illustratorプランと同じように、illustratorしか使用できません。他のAdobe社の製品を使用したい場合には、別購入する必要があるので注意が必要です。

Adobe CC コンプリートプランを利用

●Adobe CC コンプリートプラン:6,480円(月額料金・税込)

Adobe CC コンプリートプランを契約すると、illustratorやPhotoshopを始め、30以上のAdobe社製品を利用することができます。

>> Adobe CC コンプリートプランの詳細はこちら

もちろん、iPad版illustratorも使い放題になります。単体プランよりも高額に思えるかもしれませんが、Adobe社の2つ以上のアプリを使用したい場合には、複数を別に契約するよりも割安で利用できます。

学生の場合はAdobe公式サイトが最安!

もし、ご覧いただいている皆さまが学生の場合は、Adobe公式サイトから学割で購入するのがベストです。

23,760 円/年(税込26,136円/年)で契約でき、Adobeマスター講座を利用するよりもさらに安いからです。

>> Adobe公式サイト|学生・教職員向けプラン

さらに、学生ではAdobe社の公式のサイトから、学割を申し込むことができます。驚くような低価格でAdobe CC コンプリートプランを利用することができます。また、学割を申し込めない社会人でも、Adobe CC コンプリートプランを格安で使用することが可能です。

iPad版のIllustratorを利用するメリット

PC版のillustratorとの併用がおすすめとはいっても、iPad版のillustratorには便利な機能が満載です。iPad版illustratorを使用することで、驚くほどたくさんのメリットを享受することができます。

タブレット専用版を使えば格安で利用可能

先ほど、利用料の項目でもご説明させていただきましたが、iPad版illustratorを利用できるプランにはいくつかの種類があります。その中でも、タブレット専用版であるiPad版Adobe illustratorプランが最安値になります。

タブレット専用版であるiPad版Adobe illustratorプランを使用すれば、約千円という格安料金でiPad版illustratorを利用することが可能になります。

タブレット専用版はPC版Photoshopの機能には劣ります。しかし、最低限の機能を使用することが可能なので、PC版のillustratorとの併用を前提と考えればおすすめの方法になります。

必要最小限の機能が厳選されている

PC版のillustratorよりも機能が制限されていると言っても、iPad版illustratorには、必要最小限の機能が厳選されています。その分画面の表示もシンプルになり、使い勝手がよいと感じる場合もあります。

必要最低限の機能のなかでも、Apple PencilとiPad向けに設計されたツールは、PC版のillustratorにない特徴です。これらを活用して、ロゴやイラスト、グラフィックを作成することができます。オフラインでも作業できるので、どこでも制作できることがうれしいポイントになります。

iPad版illustratorは、常にアップデートされています。最新の機能にアップデートされていくことによって、これからも使いやすい機能がどんどん増えていくことが期待されます。

Apple Pencilとの相性が抜群

iPad版illustratorでは、Apple Pencilとの相性が抜群です。圧力感知と角度検出機能を備えていて、クリエイティブワークに使えるようなデザインが特徴になります。

Apple pencilはiPad ProとiPadの入力デバイスとしてAppleが開発したスタイラスペンです。iPad専用のペンなので、イメージそのままの動きを実現することが可能です。

そのApple pencilを使った作業ができるので、実際に鉛筆を持って描画しているような感覚を実感できます。Apple Pencilがあれば、作成したベクター描画のペイントもでき、タップでツールを変更することも可能になります。

まとめ

iPad版illustratorの便利な機能や特徴、PC版illustratorとの違いについて、お分かりいただけましたでしょうか。

iPad版illustratorはPC版illustratorに比べて機能は制限されますが、自宅や作業場以外で使用するにはかえって使い勝手がよい場合もあります。

この記事を参考にして、iPad版illustratorの機能性と特徴を理解できたら、iPad版illustratorを購入して、場所にとらわれずクリエイティブな作品をデザインしましょう。

>>iPad版Illustratorの公式サイトはこちら

  • この記事を書いた人

dice

Adobe製品のお得な買い方、スキルアップのためのオンライン学習プラットフォーム情報、デジタルマーケティングの基礎知識など、大人の学びに役立つ情報を発信していきます。コストパフォーマンス高いスキルアップ・リスキリングのお供に。

人気記事

デジハリでAdobeCCを安く購入する方法 1

デザインや動画編集などのクリエイティブな作業に必要不可欠なAdobe Creative Cloud (以下、AdobeCCと略します)を契約すると、IllustratorやPhotoshopなど複数の ...

Canva_有料版と無料版の違いは?_Pro版を使うメリットを解説 2

Canva は、誰でも簡単にプロのようなデザインができるツールです。 バナーやSNS投稿、 名刺やポスター、プレゼン資料、YouTubeサムネイルにいたるまで、豊富なテンプレートを使って誰でも簡単にデ ...

SocialDogの評判、料金プランやメリット・デメリットを徹底解説 3

Twitterのアカウント運用はSNSマーケティングの王道です。 Twitterで注目を集めることで、ビジネスの成長・マネタイズにつなげられます。 とはいえ、Twitterのアカウントを運用するのは簡 ...

AdobeXDのスタータープランは無くなった?誤報です!正攻法でダウンロードする方法を解説 4

Adobe XD はWebサイトやスマホアプリのワイヤーフレーム・モックアップ・プロトタイプなどの作成に使用されるデザインツールです。 WebデザイナーやUI/UXデザイナーにとっては不可欠なツールの ...

【Canva】画像から人物を切り抜きたい!背景の削除と透過方法について画像つきで解説 5

Canvaには、「画像から人物を切り抜いて、背景なしの状態で保存する」機能があります。 ワンクリック操作で画像の切り抜きができるため、初心者にも優しい便利機能です。   この記事ではCanvaの「背景 ...

-Adobeソフト, Webデザイン
-,