Adobe Illustratorとは?できることや便利な使い方をわかりやすく解説

iMacの前にカップに入ったコーヒー

グラフィック系の業務では必須ソフトのひとつである、「Adobe Illustrator(アドビ・イラストレーター)」

「イラストレーター」という名前から、「イラストを描くソフトでしょ」と想像される方が多いと思います。

しかし、Illustratorはイラストを描くことはもちろんですが、それ以上に便利な機能が満載になっているおすすめのソフトなのです。

今回は、Adobe Illustratorについて知りたい方に向けて、Adobe Illustratorにできることや便利な使い方について詳しくご紹介していきます。

>> Adobe Illustrator の公式サイトはこちら

Adobe製品を無料で体験する

Adobe Illustrator(イラレ)とは

通称「イラレ」こと「Illustrator」は、世界的に有名なソフトウエア会社であるAdobe社が販売しているグラフィックソフトです。アイデアを思い通りにカタチにできるグラフィックツールの決定版として、世界中の人から愛用されています。

ロゴやイラストの作成からチラシやパッケージのデザインまでできるIllustratorは、初心者はもちろん、プロのデザイナーからも絶大な支持を集めています。

>> Adobe Illustratorを無料で試す

Illustratorはどんなソフト?

Illustratorは、世界中の人たちから愛されているデザインソフトです。

そのため、自分のペースで学ぶことのできる学習コンテンツ(チュートリアル)がネット上に充実しています。Adobe社の公式ホームページにもチュートリアルがあり、基礎からIllustratorを学びたい人のサポートをしてくれています。

 

また、後程詳しく説明しますが、Illustratorのソフトは、Adobe社ソフトをサブスクリプションで使える仕組みで利用できます。

購入はサブスクリプションのみとなり、Illustratorを買い切りで購入することができません。

 

最初にインストールするときとライセンス確認を行うときはインターネット接続が必要ですが、オフラインモードでも利用が可能です。また、スマホでは使用できませんが、スマホ用のアプリ「Adobe Illustrator Draw」で作成したデータを、Illustratorで共有することが可能です。

あわせて読みたい

IllustratorとAdobe XDの違いは?

Adobe社のデザインソフトと言えば、Illustratorの他にAdobe XDを思い浮かべる人も多いかと思います。

IllustratorとAdobe XDはどちらも同じAdobe社の「デザイン」カテゴリーに属しています。しかし、用途や搭載されている機能は、それぞれで大きく異なります。

 

Illustratorの用途は、ロゴやイラストの作成、チラシやパッケージのデザインなどになります。一方、Adobe XDはUX/UIデザインのために開発されたツールです。用途としては、ワイヤーフレームとデザインカンプの作成になります。

そのため、Illustratorは点と線を使ってロゴやイラストを描く機能が搭載されていますが、Adobe XDには自分が表現したいデザインに仕上がっているのか確認できるプロトタイプ機能が搭載されています。

Adobe XDでは、試作中のWebサイトや広告のボタンをクリックしてリンク先の動きを確認することも可能です。

Adobe XDとは?料金・特徴・できることを徹底解説|安く買うためのポイントもご紹介します

Adobe XDの無料版は無くなっていない!スタータープランの入手方法・手順を解説

IllustratorとPhotoshopの違いは?

IllustratorとPhotoshop は、どちらも画像を処理することができます。しかし、これら2つのソフトの大きな違いは、それぞれのプログラムが使うファイルの種類と、編集対象がグラフィックか写真かという点になります。

Photoshopは、ビットマップ画像を取り扱うことが得意なソフトです。ビットマップ画像とは無数の点の集まりで作られた画像のことで、普段スマホやデジカメで取る写真はビットマップ画像になっていす。ですから、Photoshopの得意分野は写真加工や合成などで、編集対象は写真になります。

>> Photoshopの無料体験版を試してみる

 

一方、Illustratorは、ベクター画像やグラフィックを取り扱うことが得意なソフトです。ベクター画像には、縮小と拡大を繰り返しても画質が落ちないという特徴があります。そのため、Illustratorはくっきりと表示させたいロゴやレイアウトにピッタリで、編集対象はグラフィックになります。

また、IllustratorとPhotoshopは同時に使うことが可能で、Photoshop のファイルにIllustratorで作った画像を取り入れることができます。その逆も可能になります。

Photoshop体験版は無料で使い続けられない!買い切り版も存在しない!お得な契約方法をパターン別に解説します

Illustratorでできること

Illustratorにできることはたくさんありますが、具体的には次のようなことを行えます。

図形や文字を描いたり配置したりできる

Illustratorでは、図形や文字を簡単に描いたり、配置したりすることができます。

様々な描写ツールを使うことで、曲線や直線などの形を自由自在に作れます。直感的な形状はもちろんのこと、細かな数値を入力して正確な形状を描くことも可能です。

また、「整列」や「変形」機能を使って、自由に描いた文字や作ったロゴを配置したりすることができます。

ロゴやイラストを作成できる

Illustratorでは、描写ツールを使って、ロゴやイラストを作成することができます。

ベクター画像の取り扱いが得意なので、ロゴの作成には特に向いています。また、既存の図形を組み合わせたり、ペンツールで自由な線を引いたりすることで、イラストを自由に作成することができます。

さらに、手書きで紙に書いた自分のイラストも、Illustratorで写し書き(トレース)をすることができます。ベクターデータとして読み込むことができるので、拡大や縮小も自由自在になります。

バナーやキービジュアルを作成できる

Illustratorでは、バナーやキービジュアルを作成することができます。

Illustratorに搭載されているシンプルな機能を組み合わせることで、バナーやキービジュアルが簡単に作れます。無料素材や自分で撮影した写真データを取り入れることが可能なので、オリジナルの背景も作成できます。

サイズ調整してもアウトラインがボケないので、他に差をつけられる美しいバナーやキービジュアルを作成できます。

チラシや名刺をデザインできる

Illustratorでは、チラシや名刺をデザインすることができます。

私たちが日ごろ目にしている商業用のチラシの多くがIllustratorを使って制作されています。

本来、Illustratorはデザイン専用のソフトとして開発されているので、一般的な文書作成ソフトにはないたくさんの機能を持っています。Illustratorの自由度の高いレイアウトならば、ハイセンスなチラシや名刺を簡単にデザインすることが可能です。

パッケージや製品のデザインができる

Illustratorでは、パッケージや製品のデザインをすることができます。

パッケージや製品のデザインには、リアルさが必要になります。「ぼかし」「透明」「グラデーション」などの機能を使うことにより、製品の凹凸や光の反射なども表現することが可能になります。

また、自分で撮影した写真や無料素材からダウンロードした写真を取り入れて加工することが可能なので、パッケージを最初から作成する手間を省くこともできます。

あわせて読みたい:【初心者向け】Illustrator(イラレ)の使い方を基本からわかりやすく解説

Illustratorを使えるとどんな仕事に就ける?

Illustratorは世界中のプロデザイナーが使用しているソフトです。使いこなせるようになることで、仕事につなげることも可能になります。

グラフィックデザイナー

Illustratorは、印刷物に最適なデザインソフトです。

Illustratorのたくさんの機能を使いこなせるようになると、名刺やポスターなどの平面デザイン全般を行える、グラフィックデザインの仕事に就くことができます。

DTPオペレーター

DTPオペレーターの仕事は、デザインデータを実際の印刷機で印刷できるようなデータにすることです。デザイナーがデザインしたデータを、Illustratorで加工していきます。

印刷物のデザインはDTPデザインがほとんどなので、DTPオペレーターになるにはIllustratorのスキルが欠かせません。

ただし、ページ数が多い印刷物はAdobe InDesignが使われるので、両方使用できるようになると仕事の幅が広がります。

イラストレーター

イラストを描けるソフトはたくさんありますが、Illustratorはベクター画像を扱えるので、きれいなイラストを描くことができます。

さらに、商用のイラストの場合、拡大してもきれいな画像を保てることが必要になります。そのため、Illustrator形式でのデータでイラストを納品できると重宝されるようになります。

Webデザイナー(UI/UXデザイナー)

Illustratorのベクター形式は、Webサイト、バナー、素材などWeb用にも使えるJPGやPNGの形式で書き出すことができます。

Photoshopを使いこなすことによって写真の加工もできるようになれば、Webデザイナーとしての仕事の幅も広げることが可能です。

あわせて読みたい
あわせて読みたい

Illustratorを安く買う方法

Illustratorには、買い切りのソフトが存在していません。Illustratorを使用したい場合には、Adobe社のサブスクリプションプランを契約する必要があります

その場合、属性に合わせた購入方法をすることで、Illustratorをお得に安く購入することができます。

2つ以上のAdobeソフトを利用するならAdobe CC

Illustrator だけでなく、2つ以上のAdobeソフトを利用する予定ならば、Adobe CCのコンプリートプランで契約することがお勧めです。

Adobe CCのプランにはいくつかの種類がありますが、IllustratorをはじめPhotoshopやInDesignなど、20以上のCreative Cloudアプリを利用できる「Creative Cloudコンプリートプラン」がとくにおすすめになります。

「Creative Cloudコンプリートプラン」の利用料金(税込)は、次のようなものになります。

【Creative Cloudコンプリートプラン基本利用料金】

料金プラン名利用料金月当たりの料金
年間プラン(月々払い)6,480円/月6,480円/月
年間プラン(一括払い)72,336円/年6,028円/月
月々プラン10,280円/月10,280円/月

Illustratorを単体で使用する場合の料金は、月額2,728円(税込)になります。Illustratorと同時に使うことの多いPhotoshopなどを別に契約すると考えると、非常にお得な料金設定になっています。

>> Adobe CC コンプリートプランの詳細はこちら

社会人の場合:デジハリのAdobeマスター講座が最安値

社会人の場合は、デジハリのAdobeマスター講座を受講することがおすすめになります。

「デジハリ」とは、デジタル専門のスクールである「デジタルハリウッド」が運営するオンラインスクール「デジハリ・オンラインスクール」の略になります。

デジハリで提供されている「Adobeマスター講座」は、動画で知識を学習して、与えられた課題をこなしながらAdobeアプリケーションの基礎をマスターする全3ヶ月のコースになります。

このコースの最大の特徴は、Adobe Creative Cloudライセンス1年分が付属になっていることです。コース自体は3ヶ月で終了しますが、Adobe Creative Cloudは1年間使用することができます。

Adobeマスター講座の受講料金は39,980円(税込)なので、Adobeの公式ホームページから申し込むよりもお得に利用することが可能です。

社会人がAdobeCCを最安値で購入するならデジハリAdobeマスター講座!価格や契約手順を解説

学生の場合:Adobe公式の学割が最安値

学生の場合はAdobe公式サイトが最安!

もし、ご覧いただいている皆さまが学生の場合は、Adobe公式サイトから学割で購入するのがベストです。

23,760 円/年(税込26,136円/年)で契約でき、Adobeマスター講座を利用するよりもさらに安いからです。

>> Adobe公式サイト|学生・教職員向けプラン

IllustratorやPhotoshopを使用する際に非常にお得な「Creative Cloudコンプリートプラン」ですが、学生の方にとっては少し手の出しにくい価格になっています。

しかし、学生の場合は、Adobe公式の学割を利用することがお勧めになります。Amazonなどでも学生向けの「Creative Cloudコンプリートプラン」が低価格で販売されています安くて有名なAmazonですが、その価格よりもAdobe公式の学割は低価格で最安値になっています。

【AmazonとAdobe公式(学割)の比較】

販売プラン価格(年間)
AmazonAdobe Creative Cloud コンプリート|12か月版65,102円/年
Adobe公式Creative Cloudコンプリートプラン(学割)26,136円/年(初年度)

学生だけでなくも、対象になる教職員ならば、通常より66%以上OFFされた金額で、Creative Cloudコンプリートプランを使用することができるのです。

学生必見|Adobe CCは学割で購入が最安値!対象校・証明方法や卒業後・2年目の扱いまで解説

まとめ

Adobe Illustratorにできることや便利な使い方について、お分かりいただけましたでしょうか。

Adobe Illustratorは直感的に操作が可能で、誰でもプロレベルの美しいデザインやレイアウトを作成することができます。

この記事を参考にして、Adobe Illustratorの基礎知識を理解できたら、Adobe Illustratorをお得に購入して、デザインの可能性を広げていきましょう。

>> Adobe Illustratorを無料で試す

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

dice

Adobe製品のお得な買い方、スキルアップのためのオンライン学習プラットフォーム情報、デジタルマーケティングの基礎知識など、大人の学びに役立つ情報を発信していきます。コストパフォーマンス高いスキルアップ・リスキリングのお供に。

人気記事

デジハリでAdobeCCを安く購入する方法 1

デザインや動画編集などのクリエイティブな作業に必要不可欠なAdobe Creative Cloud (以下、AdobeCCと略します)を契約すると、IllustratorやPhotoshopなど複数の ...

Canva_有料版と無料版の違いは?_Pro版を使うメリットを解説 2

Canva は、誰でも簡単にプロのようなデザインができるツールです。 バナーやSNS投稿、 名刺やポスター、プレゼン資料、YouTubeサムネイルにいたるまで、豊富なテンプレートを使って誰でも簡単にデ ...

SocialDogの評判、料金プランやメリット・デメリットを徹底解説 3

Twitterのアカウント運用はSNSマーケティングの王道です。 Twitterで注目を集めることで、ビジネスの成長・マネタイズにつなげられます。 とはいえ、Twitterのアカウントを運用するのは簡 ...

AdobeXDのスタータープランは無くなった?誤報です!正攻法でダウンロードする方法を解説 4

Adobe XD はWebサイトやスマホアプリのワイヤーフレーム・モックアップ・プロトタイプなどの作成に使用されるデザインツールです。 WebデザイナーやUI/UXデザイナーにとっては不可欠なツールの ...

【Canva】画像から人物を切り抜きたい!背景の削除と透過方法について画像つきで解説 5

Canvaには、「画像から人物を切り抜いて、背景なしの状態で保存する」機能があります。 ワンクリック操作で画像の切り抜きができるため、初心者にも優しい便利機能です。   この記事ではCanvaの「背景 ...

-Adobeソフト, Webデザイン
-, ,