iPad版Photoshopは何ができる?PC版との違いと合わせて機能・特徴を解説

iPad版Photoshopは何ができる?PC版との違いと合わせて機能・特徴を解説

写真の編集や加工、アニメーション、グラフィックデザインができるソフトであるPhotoshop(フォトショップ)。写真の加工を行うだけではなく、さまざまな機能が搭載されていることが魅力になっています。

>> Photoshopの公式ページはこちら

デザイナーやイラストレーターのみならず、世界中のグラフィックを愛する人たちから支持されているプロフェッショナルツールです。

そんな、Photoshopの使い勝手をそのままに、iPadに最適化した機能と操作感を提供するiPad版Photoshopが存在することをご存じでしょうか。

今回は、iPad版Photoshopについて知りたい方に向けて、iPad版Photoshopの機能や特徴、PC版Photoshopとの違いについて詳しくご紹介していきます。

>>iPad版Photoshopの公式ページはこちら

あわせて読みたい

【結論】PhotoshopのiPad版はPC版との併用前提と考えるのが無難

結論としては、PhotoshopのiPad版の単体での使用はおススメしません。iPad版Photoshopは、PC版との併用前提と考えることが無難になります。

 

iPad版PhotoshopはPhotoshopをiPad用として最適化した画像編集アプリケーションであり、iPad版Photoshopにはメリットがたくさんあります。とくに、iPadへのタッチ操作だけで編集作業を行うことができるので、外出時の編集などに重宝します。

 

個人的に使用するSNS用の画像などであれば、iPad版Photoshopで作成した作品でもまったく問題はありません。しかし、ビジネスで使用するようなクリエイティブ作品になってしまうと、iPad版の制作物だと細部の詰めが甘くなりがちです。

ビジネスに利用したい場合やより一層ハイクオリティな作品を作りたい場合には、デスクトップ版がおすすめになります。

あわせて読みたい

 

しかしながら、iPad版Photoshopにはメリットがたくさんあり、使用しないという選択肢はありません。

PhotoshopのiPad版はPC版との併用前提と考えるのが無難にはなりますが、その理由について知ることでこの意見に納得してもらえると思います。

iPad版Photoshopとは

「iPad版Photoshop」と言ってはいますが、そもそも「Photoshop」とは、いったい何なのでしょうか?

「Photoshop」とは、Adobe社が提供している画像編集用のアプリケーションのことです。

>> Photoshopの無料体験版を試してみる

複数枚の写真を合成したり、写真内にある余計な部分を削除したりできるなど、高度な編集が可能であり、クリエーターにとっては定番ツールになっています。

そんなPhotoshopがiPadで利用できるようになったのが、iPad版Photoshopです。

Adobe Photoshop iPad版はPC版に比べて利用できる機能が限定されているものの、基本的な機能は押さえられています。また、iPadに最適化するよう操作性に工夫がされていることもポイントのひとつです。

iPad版Photoshopの主な機能

iPad版Photoshopにはたくさんの機能がありますが、知ったら必ず使いたくなるiPad版Photoshopの主な機能について、ご紹介していきたいと思います。

Apple Pencil用に最適化

iPad版Photoshopでは、Apple Pencilに最適化したレタッチツールの使用が可能です。Apple Pencilを使用して、カンバス上で直接編集できるので、作業がぐんぐんはかどります。

マスクする作業などでは、クイック選択ツールを使用します。Apple Pencilを使って、マスクしたい対象をなぞるだけですんなりと完了できます。Apple Pencil用に最適化されているので、抜群の使用感を味わうことが可能です。

レタッチ

「レタッチ」とは、画像編集ソフトを使ってカメラで撮影したままの状態の写真の濃度やコントラストを調整する作業のことを言います。つまり、撮った写真や画像を修正する作業のことを言い、表現したいイメージに近づけることができます。

iPad版Photoshopでは、このレタッチが可能になります。画像の編集や加工はもちろん、不要な部分の除去もできます。さらに、コピースタンプやスポット修復ツールなどの機能を使用することで、簡単な操作だけで完璧な状態に仕上げることができます。

レイヤーマスク

「レイヤーマスク」とは、レイヤー上のオリジナル画像を残しながら、不要な部分を消すことができる機能のことになります。オリジナルの画像をいじることなく表示・非表示部分を選択できるので、後から表示範囲を調整する際にも手軽な操作で行えます。

画像を切り抜いたりする際によく使う機能で、デザインをする際には欠かせない機能になっています。この、Photoshopの中でも基本的であり必須ともいえる機能のレイヤーマスクが、iPad版Photoshopでも使うことができます

複数のレイヤーの合成

iPad版Photoshopでは、複数のレイヤーの合成を行うことができます。この機能を使ってデジタル要素を組み合わせれば、まったく新しい画像に仕上げることが可能になります。

iPad版PhotoshopではApple Pencilとの相性が抜群なので、Apple Pencilを使用して高度なテクニックを駆使することができます。さらに、高度な選択、マスクの作成、ブラシでの描画など、画面に直接指で触れることで思い通りの仕上がりにすることもできます。

「被写体を選択」の人物写真のサポート

以前のiPad版Photoshopでは、人物画像に対して目的の「被写体を選択」の結果を得ることが難しい場合がありました。

しかし、そのような要望が多かったため、iPad版Photoshopでも「被写体を選択」がきちんと機能するようになりました。

向上したAIテクノロジーによって「被写体を選択」のアクションが強化され、iPadで人物画像を扱うときに正確な選択範囲を指示することに役立つようになりました。

コンテンツに応じた塗りつぶし・背景削除

最新アップデートプログラムによって、iPad版Photoshopではコンテンツに応じた塗りつぶし機能や背景削除の機能が強化されました。

「塗りつぶし機能」は、選択したい範囲に対して、周囲のコンテンツに基づいたAI処理を行え、塗りつぶす操作をワンタップで行える機能のことです。

選択ツールで領域を選択して「コンテンツによる塗り」をタップすると、選択範囲のコンテンツが周囲の画像に溶け込むように塗りつぶされます。この機能を活用することで、背景にある不要なオブジェクトを消したりできます。

さらに、「背景を削除」ツールを選ぶか、ファンクションから「背景を削除」を選択するだけの簡単な操作で、被写体だけを切り出して背景を削除することも可能になっています。

PC版とiPad版の違い

iPad版PhotoshopとPC版Photoshopは、同じPhotoshopですが、これらの間にはいくつかの違いがあります。

iPad版Photoshopでは、Photoshopにある機能がすべて使えるわけではありません。何が使えないのか、機能の面にフォーカスしてご説明していきたいと思います。

ペンツールが使えない

ベジェ曲線を用いて点と線で構成されるパスを作成するためのツールである、「ペンツール」。

PhotoshopをWEBデザイン作成で使用する際に必須の機能であるこのペンツールはiPad版で使用することができません

Photoshopでのペンツールは、画像の切り抜きや加工にも利用することができるので、PC版Photoshopに慣れてしまっていると、非常に不便さを感じるかもしれません。

ニューラルフィルターなどの最新機能に対応していない

「ニューラルフィルター」は、StyleGAN2テクノロジーを使用した技術を利用してAIがリアルな画像加工を行ってくれる最新機能のことです。

iPad版Photoshopでは、このニューラルフィルターに対応していません

以前は非対応だったスマートオブジェクトは、最新アップデートにてスマートオブジェクト化のみ対応になりました。ただし、スマートオブジェクトを直接開いて編集することはまだ可能ではないので、注意が必要です。

iPad版Photoshopの料金はいくら?PC版より安い?

気になるiPad版Photoshopの料金ですが、利用するプランや使えるソフトによってその料金が異なっています。なお、iPad版Photoshopでは多くのAdobe社製品と同じように、パッケージ版は提供されていません。

使用した際には、月額で毎月支払うサブスクリプションサービスを契約して利用することになります。

あわせて読みたい

iPad版Adobe Photoshopプランを利用

●iPad版Adobe Photoshopプラン:1,080円(月額料金・税込)

iPad版プランを利用する場合、すべてのプランの中ではもっとも低価格の料金で利用が可能です。しかし、利用できるソフトはiPad版Photoshopのみとなり、Photoshopと相性のよいillustratorなどのAdobe社製品を使用したい場合には、illustratorなどを別で購入する必要があります。

>>iPad版Photoshopの公式ページはこちら

Adobe Photoshop単体プランを利用

●Adobe Photoshop単体プラン:2,728円(月額料金・税込)

Photoshop単体プランは、Photoshopを利用できるプランですが、PhotoshopのデスクトップとiPadの両方を使用することができます。しかし、こちらのプランもPhotoshopしか使用できないため、Adobe社の他の製品を使用したい場合には、使用したいソフトを別で購入する必要があります。

>> Photoshopの無料体験版を試してみる

Adobe CC コンプリートプランを利用

●Adobe CC コンプリートプラン:6,480円(月額料金・税込)

Adobe CC コンプリートプランは、PhotoshopやIllustratorなど、30以上のアプリを利用することができるプランです。PhotoshopやIllustratorなど、2つ以上のアプリを契約したい場合には、単体で契約するよりもお得に利用することが可能です。

あわせて読みたい
あわせて読みたい

学生の場合はAdobe公式サイトが最安!

もし、ご覧いただいている皆さまが学生の場合は、Adobe公式サイトから学割で購入するのがベストです。

23,760 円/年(税込26,136円/年)で契約でき、Adobeマスター講座を利用するよりもさらに安いからです。

>> Adobe公式サイト|学生・教職員向けプラン

さらに、学生ではAdobe公式のサイトから、格安料金で利用できる学割での申し込みが可能です。また、社会人でも工夫をすることで、驚くほど低価格でAdobe CC コンプリートプランの使用が可能になります。

あわせて読みたい

iPad版のPhotoshopを利用するメリット

便利な機能が満載なiPad版Photoshopですが、利用する際には驚くほどたくさんのメリットがあります。

タブレット専用版を使えば格安で利用可能

iPad版Photoshopを利用できるプランには、いくつかの種類がありましたが、タブレット専用版であるiPad版Adobe Photoshop プランが最安値になります。

タブレット専用版のプランを使用すれば、格安でPhotoshopを利用することが可能です。

PC版Photoshopには劣りますが、iPad版Photoshopでは最低限の機能の利用は可能です。そのため、Photoshopの機能を気軽に堪能したい方には大きなメリットになります。

PC版とのシームレスな連携でデバイスを問わず作業可能

iPad版Photoshopは、PC版とのシームレスな連携が行えることがメリットのひとつになります。

PC版のPhotoshopで製作したPSDファイルを、iPad版Photoshopで表示することが可能です。また、PC版で製作してクラウドに保存したファイルに、iPadから編集を加えることもできます。

>> Photoshopの無料体験版を試してみる

場所やデバイスに関わらず自由な編集が行えることには、メリットが大きくなります。

 

さらに、Adobe FrescoやLightroomなどのAdobe社のアプリと連携させてPhotoshopを活用することもできます。

Adobe FrescoとPhotoshopを一緒に使用することで、くっきりとした線を描画することができます。また、LightroomとPhotoshop間で写真を移動することができるので、思い通りの作品を制作することが可能になります。

Apple Pencilとの相性が抜群

iPadの最大のメリットと言えば、Apple Pencilと言っても過言ではないかもしれません、

iPad Proと iPadの入力デバイスとしてAppleが開発したスタイラスペンであるApple pencilはクリエイティブワークに使えるようデザインされていて、圧力感知と角度検出機能を備えています。

さらに、iPadのスクリーンと内部システムと同時に通信できるBluetoothデバイスが内蔵されているので、ユーザの細かな力の入れ具合に応じ、濃淡のストロークを可能にしてくれます。

さらに、Apple Pencilと指を併用することで、ハイクオリティのクリエイティブ作品を実現させることが可能になります。

まとめ

iPad版Photoshopの便利な機能や特徴、PC版Photoshopとの違いについて、お分かりいただけましたでしょうか。

iPad版Photoshopは直感的な操作が可能で、PC版Photoshopと併用することで、その機能と特徴を最大限に活かすことができます。

この記事を参考にして、iPad版Photoshopの利便性と高機能を理解できたら、購入したiPad版Photoshopを持ってお気に入りの場所でデザインをしてみましょう。

>>iPad版Photoshopの公式ページはこちら

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

dice

Adobe製品のお得な買い方、スキルアップのためのオンライン学習プラットフォーム情報、デジタルマーケティングの基礎知識など、大人の学びに役立つ情報を発信していきます。コストパフォーマンス高いスキルアップ・リスキリングのお供に。

人気記事

デジハリでAdobeCCを安く購入する方法 1

デザインや動画編集などのクリエイティブな作業に必要不可欠なAdobe Creative Cloud (以下、AdobeCCと略します)を契約すると、IllustratorやPhotoshopなど複数の ...

Canva_有料版と無料版の違いは?_Pro版を使うメリットを解説 2

Canva は、誰でも簡単にプロのようなデザインができるツールです。 バナーやSNS投稿、 名刺やポスター、プレゼン資料、YouTubeサムネイルにいたるまで、豊富なテンプレートを使って誰でも簡単にデ ...

SocialDogの評判、料金プランやメリット・デメリットを徹底解説 3

Twitterのアカウント運用はSNSマーケティングの王道です。 Twitterで注目を集めることで、ビジネスの成長・マネタイズにつなげられます。 とはいえ、Twitterのアカウントを運用するのは簡 ...

AdobeXDのスタータープランは無くなった?誤報です!正攻法でダウンロードする方法を解説 4

Adobe XD はWebサイトやスマホアプリのワイヤーフレーム・モックアップ・プロトタイプなどの作成に使用されるデザインツールです。 WebデザイナーやUI/UXデザイナーにとっては不可欠なツールの ...

【Canva】画像から人物を切り抜きたい!背景の削除と透過方法について画像つきで解説 5

Canvaには、「画像から人物を切り抜いて、背景なしの状態で保存する」機能があります。 ワンクリック操作で画像の切り抜きができるため、初心者にも優しい便利機能です。   この記事ではCanvaの「背景 ...

-Adobeソフト, Webデザイン
-,