Adobe InDesignに買い切り版はある?安く買う方法をパターン別に解説

adobe indesignを安く買う方法!買い切り版はない!

印刷やデジタルパブリッシング用のプロ用ページレイアウトアプリである「Adobe InDesign(インデザイン)」。「インデ」という通称で呼ばれてもいます。

ページ物の雑誌作りに特化したソフトなので、出版系のスタッフでないと使う機会が少なく、「InDesignは使ったことがない」という人が、たくさんいます。

しかしながら、このInDesignは、とても便利で使い勝手の良いデザインソフトでもあるのです。

 

とはいえ、Adobe製品はどれも高いというイメージがありませんか?

今回は、Adobe InDesignを使うハードルを少しでも下げるために、Adobe InDesignの買い切り版や安く買う方法についてご紹介していきます。

InDesignを公式サイトで見る

 

この記事ではInDesignの詳細については解説していません。

「InDesignってそもそも何ができるのか?」

という人は、以下の記事をあわせてご覧ください。

InDesignの基礎が丸わかり

結論:Adobe InDesignには買い切り版がない

ネット上には、「Adobe InDesignの買い切り版」があるといった情報が流れています。

月々の支払いではなく、一括で購入してコストを低くしたいと考えている人にとって、買い切り版の存在は嬉しい限りですよね。

しかしながら、結論としては「Adobe InDesignに買い切り版はありません」

過去に存在した「買い切り版(CS6)」は、現在正規の販売を終了している

Adobe InDesignに買い切り版がないにもかかわらず、ネット上に「Adobe InDesignの買い切り版」があるといった情報が流れているのには、理由があります。

以前は、「Adobe InDesign CS6 WINDOWS版」という、買い切り型のInDesign が存在していたからです。しかし、現在ではInDesignに買い切り版はなく、サブスクリプション版のみになっています。

ネット販売されているCSシリーズは旧製品なので使用を避ける

いまだに、ネット上ではAdobe InDesignの販売を見かけることがあります。しかし、Adobe社では公式にInDesignを販売していません。

ですから、もし世の中に流通しているとすれば、転売されている商品である可能性が高いので注意しましょう。

Adobe社では、CS6以降にリリースした旧バージョンの利用を制限しています。もし、Adobe社が認定していないバージョンを使用した場合、権利侵害を主張される可能性もあります。

非正規の買い切り版購入は絶対に避ける

ネット上ではAdobe InDesignが販売されていますが、買い切り版はすべて非正規になるので、購入は絶対に避けるようにしましょう。

それには、次のような深刻な理由があります。

理由1:アップデートができない

Adobe社では、買い切り版のInDesignにおけるサポートを終了していて、不具合が起きても今後アップデートされることはありません。

さらに、インストール時に不具合が生じ、デジタル機器に大きな損傷を与える場合もあるので、絶対にインストールしないようにしてください。

理由2:Adobe社の保障がない

Adobe社では、製品の転売を認めていません。購入した買い切り版が新品だったとしても、Adobe社では補償の対象外になります。

また、購入したソフトが海賊版である可能性もあります。その場合、海賊版は違法になるので、法的な危険性も伴います。さらに、ウイルスが仕組まれている可能性もあるので、使用には大きなリスクがあります。

Adobe InDesignは無料体験版から始めよう

InDesignを使ってみたいけれど、始めて使うので使い心地が心配な人もいることでしょう。そのようなときには、無料体験版から始めることをオススメします。

無料版を体験したうえで、購入するかどうかを見極めましょう。

無料体験版とは?

Adobeのソフトには、

  • 月額制のサブスクリプションで購入できる「Creative Cloud」
  • 買い切り型の「Elements」

があります。

そして、その両方に体験版があり、Creative Cloudは7日間、Elementsは30日間、無料で使うことができます。

InDesignを含め、PhotoshopやIllustratorなども体験版で試用することが可能です。

体験版といっても機能に制限はなく、体験版と本製品の使用感はまったく変わりません。さらに、本製品と同じように、トラブル発生時にはサポートも受けることが可能なので安心になります。

利用にはクレジットカード情報の入力が必要ですが、期限内に解約すれば、料金は一切発生しません。

InDesignを公式サイトで見る

無料体験版の利用手順

InDesignの無料体験版を使用する手順は、次のようになります。

  • Adobeの公式ホームページにアクセスする。
  • 画面上のメニューから「クリエイティビティとデザイン」をクリックする。
  • 「おすすめ製品」の中から「InDesign」をクリックする。
  • InDesignのページに飛ぶので「無料で始める」をクリックする。
  • 無料期間が終了したあとの支払いプランを選択する。
  • メールアドレスを入力する。
  • クレジットカードの情報を入力する。
  • 「無料体験版を始める」をクリックする。

以下、もう少し詳しく記載します。

 

契約前にトライアル利用したい方は、この無料体験版からスタートすると必要性を無駄なく判断できるのでおすすめです。

7日間の無料体験期間中にはそれぞれの体験版が使用できますが、体験版といっても機能に制限はありません。さらに、体験版と本製品の使用感はまったく変わらないので、購入するかどうかの判断に役立ちます。

本製品と同じように、トラブル発生時にはサポートも受けることが可能な点もポイントが高くなりますよね。

 

無料体験版をはじめるためには、InDesignの公式サイトにアクセスし、「無料で始める」ボタンをクリックしましょう。

もちろん、Illustratorの公式サイトからアクセスしても、同様の手続きが可能です!

InDesignを公式サイトで見る

Adobe InDesignの公式サイト

「無料で始める」をクリックすると、以下の画面が表示されます。

現時点では、InDesignを単体で契約するか、Adobe CC コンプリートプランを契約するか決めきれないと思います。

さまざまなAdobe製品を試してみたい方は右側の「Creative Cloud コンプリートプラン」を、とりあえずInDesignを試せればよいという方は左側の「Premiere Pro」を選べば問題ないです。

「始める」をクリックすると次のようなページに移ります。

メールアドレスの入力が求められるので、普段お使いのメールアドレスを入力し、「続行」をクリックしましょう。

登録したメールアドレスにAdobe社からメールが届いていると思います。記載内容に沿って、ソフトをインストールしましょう。

 

インストール後、7日間無料で体験版を使用することができます。

体験版と言っても、その機能は正規品と同じです。無料の間に使い倒して、本当に自分に必要か見極めることをオススメします。

 

まずは、以下のボタンから公式サイトにアクセスし、「無料で始める」から体験してみましょう。

Adobe製品を無料で体験する

 

なお、クリエイティブ制作に使える画像・動画素材が満載なAdobe Stockも同時に無料体験申込ができます。

「Adobe Stockも同時に無料体験」をクリックすれば、自動的に無料体験に申し込めます。

Adobe Stockとは?
解約方法も解説!

Adobe InDesignの料金体系を徹底解説

Adobe InDesignを使ってみたいと思ったときに、気になってくることが料金なのではないでしょうか。

では、Adobe InDesignの料金体系について、徹底的に解説していきたいと思います。

単体購入時の公式サイトでの価格

Adobe InDesign単体を購入する場合には、公式サイトから購入することができます。

「Adobe InDesign単体プラン」という名称になっていて、税込みで月額2,728円になります。同じようなソフトであるIllustratorの「Adobe Illustrator単体プラン」と、全く同じ価格になっています。

Adobe CCとしての公式サイトでの価格

「Adobe CC」の通称で知られる「Adobe Creative Cloud」は、Adobe社が提供するクリエイティブソフトのサブスクリプションサービスのことです。InDesignを含む20以上のCreative Cloudアプリを利用できます。

InDesignを使用したい場合、「Adobe CC」としても、公式サイトから購入することができます。その場合の料金は、税込み月額6,480円になります。

以上をまとめると、以下の表のとおりです。

プラン名料金(税込)月額料金(税込)
年間プラン(月々払い)2,728円/月2,728円/月
年間プラン(一括払い)28,776円/年2,398円/月
月々プラン3,828円/月3,828円/月

パターン別!InDesignのベストな契約方法

InDesignの正規料金は前述のようになりますが、ご自身の状況によって、InDesignのベストな契約方法が変わってきます。

学生の場合:公式サイトで学割利用がベスト

学生の場合はAdobe公式サイトが最安!

もし、ご覧いただいている皆さまが学生の場合は、Adobe公式サイトから学割で購入するのがベストです。

23,760 円/年(税込26,136円/年)で契約でき、Adobeマスター講座を利用するよりもさらに安いからです。

>> Adobe公式サイト|学生・教職員向けプラン

InDesign単体プランの場合の利用料は、税込みで月額2,728円となります。この金額はさほど高額ではないので、学生でも利用が可能かもしれません。

しかし、InDesignは画像の加工などができないため、デザインを行いたい場合にはPhotoshopなどのソフトも使用する必要があります。

そのPhotoshopもAdobe社の公式サイトからの購入が可能です。その場合、20GBの「フォトプラン」で税込み月額1,078円、「Adobe Photoshop単体プラン」だと、税込み月額2,728円となります。

あわせて読みたい

これらの金額がプラスされると高額になり、学生にとっては手が出しにくい価格となってしまいます。

 

しかし、Adobe社のプランには、Photoshop、Illustratorなど、20以上のCreative Cloudアプリを利用できる「Creative Cloudコンプリートプラン」というものがあります。

この「Creative Cloudコンプリートプラン」、通称「Adobe CC」ならば、税込み月額6,480円での利用が可能になります。

 

さらに、利用料金には学生の特権である「学割」が適応されるのです。

学割の適用条件をチェック

1年目は69%OFFの月額1,980円(税込)、2年目以降でも49%OFFの月額3,278円(税込)という割引価格で継続利用することができます。

学割の場合、基本料金の支払い方法とは違って、月ごとで利用ができる月々プランの設定はありません。しかし、学割を活用することで、驚くような割引率で「Creative Cloudコンプリートプラン」を利用することができます。

Adobe製品を学割で利用する

学生以外の場合:デジハリAdobeマスター講座がベスト

学生の場合ならば、「Adobe CC」の学割を利用することで、InDesignだけでなくAdobe社の便利なソフトをお得に使用することが可能です。

しかし、残念ながら学生ではない方や、学割を利用できない方でも、お得に使用する方法があります。

それが、「デジハリAdobeマスター講座」です。

 

「デジハリAdobeマスター講座」とは、デジタル専門のスクールである「デジタルハリウッド」が運営するオンラインスクール「デジハリ・オンラインスクール」で提供されている講座になります。

社会人最安

 

デジハリAdobeマスター講座は、「動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月」の合計3ヶ月のコースです。

動画で学習をして、与えられた課題をこなしていくことで、Adobeアプリケーションの基礎をマスターすることができます。

 

このコースの大きな特徴は、「Adobe Creative Cloudライセンス1年分」が付属になっていることです。年間のコース受講料39,980円だけで、「Adobe CC」のソフトが使い放題になるのです。

Adobeマスター講座 39,980円(税込)

Adobe公式の学割プランの価格よりも高価格になりますが、Adobe公式の通常版よりも低価格で購入が可能になるのでオススメです。

\ AdobeCCが45%OFF /
デジハリのAdobeマスター講座

公式サイトを確認する

決めきれない人は、無料体験からスタートするのがコスパ面で優れる

記事冒頭に記載したように、InDesignをはじめとするAdobe製品には無料体験版が用意されています。

本当に使うかどうかわからない

などお悩みの方は、まずAdobe公式の無料体験を試してみることをオススメします。

再掲になりますが、簡単に流れを解説します。詳細は記事の前半に戻ってご確認ください!

  • Adobeの公式ホームページにアクセスする。
  • 画面上のメニューから「クリエイティビティとデザイン」をクリックする。
  • 「おすすめ製品」の中から「InDesign」をクリックする。
  • InDesignのページに飛ぶので「無料で始める」をクリックする。
  • 無料期間が終了したあとの支払いプランを選択する。
  • メールアドレスを入力する。
  • クレジットカードの情報を入力する。
  • 「無料体験版を始める」をクリックする。

まとめ

Adobe InDesignの買い切り版や安く買う方法について、お分かりいただけましたでしょうか。

InDesignだけでいいと思っていても、デザインをすすめていくにつれて、他のソフトも欲しくなってしまうものです。

 

ひとつしかソフトを使うつもりがないのであれば、単体プランの契約で良いと思います。

しかし、InDesignは画像編集などができないため、きっとPhotoshopなどが必要になるケースもあるでしょう。

そのときは以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい

 

また、IllustratorとInDesignは比較されるケースが多いです。Illustratorとの違いについては以下の記事で詳しく解説しています。

イラレとInDesignの違い

この記事を参考にしてAdobe InDesignやAdobe CCの購入を検討し、最高におしゃれでかっこいいデザインをしてみましょう。

InDesignを公式サイトで見る

  • この記事を書いた人

dice

Adobe製品のお得な買い方、スキルアップのためのオンライン学習プラットフォーム情報、デジタルマーケティングの基礎知識など、大人の学びに役立つ情報を発信していきます。コストパフォーマンス高いスキルアップ・リスキリングのお供に。

人気記事

デジハリでAdobeCCを安く購入する方法 1

デザインや動画編集などのクリエイティブな作業に必要不可欠なAdobe Creative Cloud (以下、AdobeCCと略します)を契約すると、IllustratorやPhotoshopなど複数の ...

Canva_有料版と無料版の違いは?_Pro版を使うメリットを解説 2

Canva は、誰でも簡単にプロのようなデザインができるツールです。 バナーやSNS投稿、 名刺やポスター、プレゼン資料、YouTubeサムネイルにいたるまで、豊富なテンプレートを使って誰でも簡単にデ ...

SocialDogの評判、料金プランやメリット・デメリットを徹底解説 3

Twitterのアカウント運用はSNSマーケティングの王道です。 Twitterで注目を集めることで、ビジネスの成長・マネタイズにつなげられます。 とはいえ、Twitterのアカウントを運用するのは簡 ...

AdobeXDのスタータープランは無くなった?誤報です!正攻法でダウンロードする方法を解説 4

Adobe XD はWebサイトやスマホアプリのワイヤーフレーム・モックアップ・プロトタイプなどの作成に使用されるデザインツールです。 WebデザイナーやUI/UXデザイナーにとっては不可欠なツールの ...

【Canva】画像から人物を切り抜きたい!背景の削除と透過方法について画像つきで解説 5

Canvaには、「画像から人物を切り抜いて、背景なしの状態で保存する」機能があります。 ワンクリック操作で画像の切り抜きができるため、初心者にも優しい便利機能です。   この記事ではCanvaの「背景 ...

-Adobeソフト, Webデザイン
-, ,