Instagramのリールとは?特徴や操作方法を徹底解説|ショートムービーの共有に最適!

インスタのリールとは?特徴や操作方法を徹底解説|ショートムービーの共有に最適!

YouTubeやTikTokなどのSNS関連企業が、ショートムービー機能に力を入れているなか、Instagramも2020年にショート動画共有機能「Reels(リール)」を実装させました。

リールが実装されて以降は、個人ユーザーだけでなく企業も、リールを積極的に活用しています。

この記事では、Instagramのリール機能について解説します!

あわせて読みたい

Instagramのリールはどんな機能?

「Reels(リール)」とは、15秒から60秒の動画を共有できる、2020年に実装された比較的新しい機能です。

リールの特徴は以下のとおりです。

  • 15秒から60秒の動画投稿が可能
  • スマホの全画面で表示される
  • BGM、ARエフェクトを動画に挿入できる
  • テキストなどの編集も可能
  • 発見タブに表示されるので非フォロワーのユーザーの目にとまりやすい

注目のリール動画では数千万回再生されるなど、一気に拡散される可能性もあります。1つのリール動画をきっかけに、多くのユーザーにフォローされることも期待できます。

あわせて読みたい

リールを活用するメリット

リールを利用する大きなメリットは、「非フォロワーのユーザーの目にとまる機会が多い」ことです。

これはリールの表示される場所が複数あることが関係しています。リール動画はInstagramの、以下の場所で閲覧できます。

  • フィード欄
  • 発見タブ
  • リールタブ
  • 投稿者のプロフィール欄

特にフォロワー外のユーザーは、発見タブから流入してくることが多いです。

最近では、ショート動画などを活用したマーケティングが注目されていることから、リールを上手く使いこなせば、フォロワーの増加も期待できるでしょう。

ただし、リールだけに力を入れれば良いということではなく、ユーザーがあなたのアカウントに訪れた際、フォローにつながるアカウント運用が重要となります。

フィードやストーリーズとの違い

ここまでは、リールの機能について解説してきましたが、他にもInstagramには動画を投稿できる機能があります。

ここからは、それらの機能とリールの違いについて解説していきます。

フィードとリールの違い

フィード投稿する際にも動画は投稿可能です。しかしリールとの表示サイズが異なります。フィードでは、主に正方形1:1で投稿され、縦長であれば4:5、横長の場合は1.91:1で表示されます。一方リールは、スマホの全画面で表示可能です。

ストーリーズとリールの違い

Instagramではリール以外にも「ストーリーズ」といった、動画投稿機能があります。ストーリーズでは60秒の動画を、最大15秒に分割して投稿でき、その動画は24時間で削除される仕組みとなっています。

「リール」は動画だけしか投稿できませんが、「ストーリーズ」は画像の投稿も可能です。
またストーリーズは、自分がフォローしているユーザーだけに表示されますが、リールは、フォローなどは関係なくランダムに表示されます。

ストーリーズと動画投稿という点では似た機能ですが、リールは「リールタブ」や「発見タブ」に表示されるという点でも異なります。

リールを見る方法

ここからは実際にリール動画を見る方法について解説していきます。

リール動画の表示される場所は、以下の3か所です。

  • 発見タブ
  • リールタブ
  • フィード欄

順にチェックしていきましょう。

発見タブに表示される

Instagramアプリを開いて、下部にある「虫眼鏡マーク」が発見タブです。

ここで表示されるリール動画は、他ユーザーのおすすめ投稿が表示され、検索ボックスからは、ハッシュタグ検索などで閲覧したい投稿を検索できます。

リールタブに表示される

Instagramには「リール専用タブ」があります。

フィード欄では、画像や動画が表示されますが、リール専用タブではリール動画のみ閲覧可能です。

Instagramアプリを開いて、下部の中央にあるリールタブをクリックすると、リール動画が表示されます。

順に動画を見たい場合は、下にスクロールしていけば次のリール動画に移動します。

フィードに表示される

自分がフォローしているアカウントで、リールをシェアしている人がいる場合は、そのリール動画がフィードに表示されます。

フィード欄への表示は、フォローしているアカウントだけが対象です。

リール動画を投稿する手順

ここからは、リール動画を投稿する手順を解説していきます。

以下の順でリール動画は投稿します。

  1. リールの新規投稿画面に移動する
  2. 動画を撮影する
  3. 音源を決める
  4. 撮影した動画を編集する
  5. 説明文などを記入して投稿する

ひとつずつ見ていきましょう。

リールの新規投稿画面に移動する

右上の「+マーク」の新規投稿画面から、「リール」を選択します。

すると新規でリールを投稿できる画面に移動するので、投稿したい動画の撮影をしていきます。

動画を撮影する

投稿したい動画を撮影していきます。すでに動画がある場合は、選択して投稿することも可能です。

撮影する前に、動画の長さを選ぶことも可能で、15秒、30秒、60秒で選択できます。同時に録画スピードも設定でき、0.3倍〜4倍に変更できます。

撮影の際に、エフェクトを選択するとARエフェクトを動画に追加できるので、好みに合わせてさまざまなエフェクトを試してみましょう。

音源を決める

撮影が終わったら、BGMを選択しましょう。

サビ部分だけを使用したいという場合でも、音源の一部を切り抜いて、使用することも可能です。

また音源は、動画の撮影前に選ぶことも可能ですが、音楽に合わせて編集するのが難しくなってしまうので、後から選択するのがおすすめです。

撮影した動画を編集する

撮影したワンカットや複数カットの動画を、編集していきます。

撮影した動画を選択し、「ハサミアイコン」をタップすると、それぞれの動画をカットできます。必要のない動画は「ゴミ箱アイコン」をタップすれば削除可能です。

音源と合わせる場合は、違和感なく動画をつなぎ合わせると良いでしょう。

説明文などを記入して投稿する

素材が完成したら、最後にリール動画に合ったテキストを入力します。

フィード投稿と同じように、ハッシュタグやメンションも可能なので、追加したい場合は記載しましょう。

また、カバー画像の設定も可能です。撮影した動画の一部や、別の画像を設定することができます。

閲覧者が動画を見てみたいと思うような、インパクトのあるカバーを設定するのがおすすめです。

まとめ

今回はInstagramの機能「Reels(リール)」の特徴と利用方法について解説してきました。リールは誰でも簡単に始められる動画投稿機能です。リールをうまく活用すれば、効果的なSNSマーケティングを行うことも可能です。

ぜひ、本記事を参考にリール投稿にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

リールの作成はCanvaを使うのがおすすめです。初心者でも簡単に作れるように、たくさんのテンプレートが用意されています。

無料トライアルもありますので、まずは使ってみてください。

  • 1億点以上のイラスト・画像が使い放題
  • 他人とのシェアやSNS連携も簡単にできる
  • 背景削除やリサイズもワンクリック
無料期間に解約すれば費用はかからないので安心です
  • この記事を書いた人

dice

Adobe製品のお得な買い方、スキルアップのためのオンライン学習プラットフォーム情報、デジタルマーケティングの基礎知識など、大人の学びに役立つ情報を発信していきます。コストパフォーマンス高いスキルアップ・リスキリングのお供に。

人気記事

デジハリでAdobeCCを安く購入する方法 1

デザインや動画編集などのクリエイティブな作業に必要不可欠なAdobe Creative Cloud (以下、AdobeCCと略します)を契約すると、IllustratorやPhotoshopなど複数の ...

Canva_有料版と無料版の違いは?_Pro版を使うメリットを解説 2

Canva は、誰でも簡単にプロのようなデザインができるツールです。 バナーやSNS投稿、 名刺やポスター、プレゼン資料、YouTubeサムネイルにいたるまで、豊富なテンプレートを使って誰でも簡単にデ ...

SocialDogの評判、料金プランやメリット・デメリットを徹底解説 3

Twitterのアカウント運用はSNSマーケティングの王道です。 Twitterで注目を集めることで、ビジネスの成長・マネタイズにつなげられます。 とはいえ、Twitterのアカウントを運用するのは簡 ...

AdobeXDのスタータープランは無くなった?誤報です!正攻法でダウンロードする方法を解説 4

Adobe XD の無料版が使えなくなる? そんな噂を聞きつけて慌てて検索している方に朗報です。 Adobe XD はまだまだ無料で使い続けられます!   Webサイトやスマホアプリのワイヤーフレーム ...

【Canva】画像から人物を切り抜きたい!背景の削除と透過方法について画像つきで解説 5

Canvaには、「画像から人物を切り抜いて、背景なしの状態で保存する」機能があります。 ワンクリック操作で画像の切り抜きができるため、初心者にも優しい便利機能です。   この記事ではCanvaの「背景 ...

-Instagram, デジタルマーケティング
-