ドメインパワーの確認方法|無料・有料の計測ツールからドメインパワーを高める方法まで徹底解説

ドメインパワーのチェック方法|有料・無料のツール紹介とドメインパワーを強くする方法を解説

GoogleやYahoo!の検索結果で上位表示できるかどうかは、「ドメインパワー」と呼ばれる検索エンジンからの評価によって大きく左右されます。

簡単に言うと、ドメインパワーが強いほど検索上位表示される可能性が高くなります

皆さまが運営するサイトのドメインパワー、ご存じですか?

 

「どうやってドメインパワーを調べたらいいか分からない…」

「ドメインパワーを強くするにはどうしたらいい?」

 

そんなお悩みを抱える方は少なくありません。

この記事では、ドメインパワーの概要を解説するとともに、ドメインパワーの確認に使える無料・有料のチェックツールをご紹介します。

 

まずはドメインパワーの現状を知り、今後のサイト改善に生かしていきましょう!

ドメインパワーとは、Webサイトのドメインの信頼度

ドメインパワーとは、Webサイトのドメインの強さを表す呼び名で、検索エンジンからどれだけ信頼されているかを示す数値のことです。

 

Googleなどの検索エンジンは被リンクの数や質、コンテンツ内容、更新頻度などいくつかの要素によってWebサイトを評価しています。

Googleなどからドメインパワーを定義した数値は発表されておらず、ドメインパワーをチェックする専用ツールの利用が必要です。

ドメインパワーは、運営するWebサイトに適切なSEO対策を行い、Googleから評価されることで高められます。

 

新規ドメインでWebサイト立ち上げた際は、基本的にドメインパワーは低いため、都度SEO対策し、定期的に良質なコンテンツを発信することで少しずつドメインパワーを高めていく必要があります。

ドメインパワーを高くするメリット3選

ドメインパワーが高いと、以下のようなメリットがあります。

  • 検索順位で上位表示されやすくなる
  • ページ公開後のインデックスが早くなる
  • サイトの信頼性が向上し、被リンクを獲得しやすくなる

メリット1|検索順位で上位表示されやすくなる

ドメインパワーが強ければ、記事を公開してから上位表示されるまでにかかる時間がとても短くなります。

なぜなら、検索エンジンのアルゴリズムが「信頼できるドメインだ」と判断しているからです。

上位表示されるとアクセス数も増え、良質なコンテンツは拡散され、さらに多くの人を呼び込みます。競合サイトで似た内容の記事があったとしても、ドメインパワーが強い方が上位表示を勝ち取りやすいので、サイトへのアクセス数増加につながるのです。

一般論的に、国や自治体、教育機関、金融機関、大企業はドメインパワーが強いです。記事を書きたいキーワードで検索したとき、1ページ目がこれらのドメインのページで埋め尽くされていた場合、上位表示はとても難しいです。

このように、ドメインパワーはキーワード選定の際の指標としても使える側面もあります。

メリット2|ページ公開後のインデックスが早くなる

ドメインパワーを強くすることで、インデックスされるのが早くなるというメリットもあります。

インデックスとは、「検索エンジンにWedページが登録されること」です。インデックスされなければ、検索してもWebページが表示されないので、サイトへの流入が見込めません。

ドメインパワーが高ければ、Webサイトを巡回するクローラーが訪問してくれる頻度も高まるため、ページ公開後のインデックスされる期間が短くなります。

最近では、新規ドメインでサイトを立ち上げるとインデックス登録がされにくい/されない事象が多く見られます。インデックスされない=流入ルートがひとつ閉ざされたようなものなので、致命的と言っても過言ではありません。

筆者は、インデックス登録改善施策をおこなっています。複数のサイトにおいて「インデックスされないページ」を「インデックス完了」させてきました。インデックス登録でお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

メリット3|サイトの信頼性が向上し、被リンクを獲得しやすくなる

Webサイトのドメインパワーが強くなると、信頼性が高いと判断されやすくなります。

先ほどお伝えしたように検索上表示されやすくなるだけでなく、他サイトの引用元として被リンク獲得につながります。

被リンクを獲得することで新規訪問者が増加したり、再訪問者が増えたりと、集客効果が期待できます。

集客効果が高まるにつれて、さらに信頼性も担保されるため、良いサイクルが回り始めるのです。

注意|ドメインパワー向上だけでは検索上位表示できない

ここまでドメインパワーの重要性をお伝えしてきましたが、あくまでもドメインパワー向上はSEO対策のひとつに過ぎません。

最も重要なのは、ユーザーが求めるコンテンツを発信できているかどうかです。「コンテンツの質が同じくらいなら、ドメインパワーが高いほうが有利」くらいの認識が好ましいです。

無料で使えるドメインパワーチェックツール4選|簡易チェックツールとしてはこれでOK

ドメインパワーは、Webサイトを運営する上で重要なポイントです。

しかし、ドメインパワーを評価するGoogleやYahooなどの検索エンジンがドメインパワーを示す数値を公式に公表しているわけではありません。

専用ツールを使用することで、ドメインパワーを計測する必要があります。

ここからは、無料と有料のドメインパワーチェックツールを紹介していきます。

UberSuggest(ウーバーサジェスト)

UberSuggest(ウーバーサジェスト)は、アメリカのWebマーケターが開発したツールです。

狙いたいキーワードの検索ボリュームや共起語を調べるために利用したことがある方も多いのではないでしょうか?

このUberSuggest、SEO対策のみならず無料でドメインパワーも計測できます。あくまでも、ドメインパワー計測はサブ機能なので、他のツールに比べると正確さに欠けるのが残念なところで、「簡易チェックとしては使える」くらいの認識が良いです。

あくまでもキーワード選定時に使用するツールと割り切って、ドメインパワーは大まかな指標として活用することをオススメします。

UberSuggest(ウーバーサジェスト)

Small SEO Tools

Small SEO Toolsは、アカウント登録やログインが必要なく、無料で利用できるドメインパワーチェックツールです。

最大で10個のドメインを計測でき、計測数値は1〜100の間で表示されます。

また、ドメインパワー以外に被リンクもチェックできます。

無料かつ日本語にも対応しているため、Webサイトを立ち上げたばかりで、SEOを学び始める人にはおすすめのドメインパワーチェックツールです。

一方で、無料であるがゆえに広告が多いというデメリットがあります。

Small SEO Tools

The Hoth

The Hothはアメリカの企業が提供する無料のSEO分析ツールです。

メールアドレスを登録するだけで利用できます。

Mozを搭載した無料ツールでサイトのDomain Authority(ドメインパワー)やPage Authority、検索順位、被リンク数を調査できます。

最大10個のドメインを同時に比較調査できるので、競合分析に役立つ無料ツールです。

The Hoth

パワーランクチェックツール

パワーランクチェックツールは、独自のアルゴリズムでドメインパワーを算出するツールです。

検索欄にドメインを入力するだけで、ドメインパワーを計測してくれるので簡単で使いやすく、多くのブロガーが愛用しています。

無料なので使用回数は限られており、アカウント登録をしていない場合は1日1回、無料でアカウント登録し、メルマガ購読していれば1日3回利用可能です。

なお、パワーランクチェックツールにはパワーランクランキングという姉妹機能があります。運営するサイトを登録すると、ランキングに参加することができるだけでなく、被リンクとしてもカウントされます。

サイト運営初期は被リンク獲得が難しいため、登録してみることをオススメします。

パワーランクチェックツール

有料のドメインパワーチェックツール5選|SEO対策+ドメインパワーの確認ができます

無料のドメインパワーチェックツールを紹介してきましたが、より正確な数値を知りたい場合は、ここから紹介する有料ツールの使用をおすすめします。

Moz(モズ)

MozはアメリカのSEO会社が開発した、ドメインパワーだけでなくキーワード分析や被リンク調査など、SEOに関する情報を調べられる多機能ツールです。

日本語対応ではありませんが、海外でもよく利用されており、信頼度の高いサービスです。

有料ですが、SEOに関する多機能ツールなので、本格的にSEO対策をしたい方におすすめです。

30日間無料トライアルも実施しているので、まずは試してみることをおすすめします。

Moz

Similar Web(シミラーウェブ)

Similar Webは、イスラエルで開発された競合サイト調査ツールです。

無料版と有料版があり、それぞれで利用できる機能や幅は異なりますが、無料版でも十分な機能を利用できます。

競合サイトのURLを入力するだけで簡単に競合分析でき、解析後の数値はグラフや表で表示されるため、初心者でも視覚的に理解しやすいツールとなっています。

一方で、ある程度のアクセス数が見込め、データのあるWebサイトでないとsimilarwebに情報が表示されないので、立ち上げて間もないWebサイトなどの分析はできないので注意しておきましょう。

Similar Web

Ahrefs(エイチレフス)

Ahrefs(エイチレフス)は、世界で60万人以上のユーザーに利用されているSEO分析ツールです。

高度なキーワード調査や被リンク分析ができるということから、本格的なブロガーやSEOマーケターが利用しています。

月額1万円を超えますが、自社サイトや競合サイトのさまざまな情報を入手し、分析できる多機能ツールと考えれば、それほど高くない金額です。

Ahrefsのほとんどの主要な機能が日本語に対応しているので、初心者でも使いやすいツールです。

しかし、できることが多いので、マーケターとして仮説検証できる能力がなければ、使いこなせない可能性もあります。

Ahrefs

Rank Tracker(ランクトラッカー)

Rank Trackerはメイン機能としてドメインパワー調査を備えている、SEO検索順位チェックツールです。

Rank Trackerでは1〜10の数値で、ドメインパワーが計測されます。

競合サイトと自分のサイトのドメインパワー比較も可能です。

無料プランも用意されていますが、使用できる機能が限られるので、本気でSEO対策に取り組みたいサイト運営者の方は、有料プランの利用をおすすめします。

Rank Tracker

COMPASS

COMPASSはキーワード選定やURL解析、検索順位チェックを行える、有料のSEOツールです。

月額制のサービスが多いなか、COMPASSは(税抜)7,980円の買い切り型サービスとなっています。

URL解析では、特定のURLの被リンクやドメインパワーを調査できます。

Moz-APIでURLが解析されるので、Domain Authority(ドメインパワー)が分かります。

Bingには対応していませんが、GoogleとYahooの検索エンジンに対応しているので、ほとんどの方に十分なサービスです。

COMPASS

ドメインパワーをゼロから育てる方法5選

ドメインパワーを育てる方法はいくつかありますが、主に重要な施策について解説していきます。

ユーザー目線の記事を作成する

ドメインパワーの向上に最も重要なことが、ユーザー目線の記事を作成することです。

ユーザーが求める情報やニーズを盛り込み、読者の悩みを解決することが大切です。

また、顕在的なニーズの解決は当たり前ですが、読者が気づいていない潜在的なニーズにもアプローチする必要性があります。

興味がなかった層に対しても、情報や知識を与えることで、このサービスが欲しかったと気づいてもらえるコンテンツ発信が理想です。

SNSやブログの利用者が増えているなか、良質なコンテンツを発信し続けていれば、SNSなどで拡散される可能性もあります。

小手先のSEOテクニックだけでなく、まずは読者が読んで満足できる記事を作成することが重要です。

サイトの専門性を強化する

サイトの専門性は、Googleページ品質評価の最重要項目のひとつでもあります。

専門性を強化するには、大前提としてWebサイトのジャンルを特化させる必要があります。

例えば、幅広く転職関連の記事を書くのではなく、「20代の転職」に特化したサイトにするなど、工夫が必要です。

そのなかで、ユーザーに専門的な情報や知識を与え、悩みを解決する良質なコンテンツを届けます。

また、自分が実際に体験した一次情報(オリジナルの情報)も専門性を高めるのに効果的です。

サイトの専門性は短期間で高められるほど簡単ではありません。

地道な作業を繰り返しコツコツと積み上げていくことで、長期的に改善されていきます。

指名検索を増やす(SNSなどで認知拡大)

指名検索とは、企業や商品、サービスなどの固有名詞をGoogleなどの検索窓に入力し、検索することです。

例えば、キャンプ用のテントを探している人が、「キャンプ テント おすすめ」などと入力するのではなく、ブランド名や商品名を直接入力するようなイメージです。

現在のSEOは良質なコンテンツや被リンクの数だけでなく、指名検索や他者による自社情報の発信(サイテーション)も重要とされています。

SNSの利用が当たり前になっている時代なので、企業やブランド、担当者の名前などでSNSを活用し、認知拡大を狙うのも指名検索につなげられる良い方法です。

ドメインの試用期間を長くする(使い続ける または 中古ドメイン)

運用歴の長いドメインは、SEOで高い評価を受ける傾向があります。

ただ単に期間が長ければ良いというわけではなく、定期的にコンテンツを発信し、更新されているドメインが評価されます。

また、運用歴が長くなるとコンテンツ数や質も上がり、被リンク数も増えていくので、結果的にSEOの評価も高まっていきます。

ドメインの試用期間を長くするために、新規ドメインではなく中古ドメインを利用するのもひとつの方法です。

中古ドメインを利用すれば、過去の被リンクや検索エンジンからの評価を引き継ぐため、新規ドメインよりもドメインパワーが高い状態でWebサイト運用を始められます。

一方で、悪い結果も引き継ぐので、ドメインの見極めが必要です。

また、人気のドメインは高額になる可能性もあり、ドメイン取得に費用がかかってしまいます。

良質な被リンクを多く集める

被リンクの獲得もSEOで評価を高めるために重要なポイントです。

被リンクされるということは、他のサイトから良いサイトだと評価されることなので、被リンク数が多ければ、検索エンジンからの評価も高まります。

また、ドメインパワーの強いサイト、つまりGoogleに高く評価されているサイトからの被リンクは非常に価値の高いものとして評価されます。

しかし、自分のWebサイトとの関連性が低いサイトからの異常な数の被リンクなどは、サイトの評価を下げ、スパム行為として認識され、ペナルティを受ける可能性もあるので注意しましょう。

まとめ

ドメインパワーを高めれば、検索順位でも上位を獲得できる可能性が高まります。

SEOは網羅性が重要なので、ユーザーに必要とされる良質なコンテンツ、質の高い被リンクなど、全ての対策が必要です。

ドメインパワーの向上は、数日で簡単に成果が出るわけではないので、地味な作業を少しずつ積み重ね、時間をかけて強いサイト作りにつなげましょう。

  • この記事を書いた人

dice

Adobe製品のお得な買い方、スキルアップのためのオンライン学習プラットフォーム情報、デジタルマーケティングの基礎知識など、大人の学びに役立つ情報を発信していきます。コストパフォーマンス高いスキルアップ・リスキリングのお供に。

人気記事

デジハリでAdobeCCを安く購入する方法 1

デザインや動画編集などのクリエイティブな作業に必要不可欠なAdobe Creative Cloud (以下、AdobeCCと略します)を契約すると、IllustratorやPhotoshopなど複数の ...

Canva_有料版と無料版の違いは?_Pro版を使うメリットを解説 2

Canva は、誰でも簡単にプロのようなデザインができるツールです。 バナーやSNS投稿、 名刺やポスター、プレゼン資料、YouTubeサムネイルにいたるまで、豊富なテンプレートを使って誰でも簡単にデ ...

SocialDogの評判、料金プランやメリット・デメリットを徹底解説 3

Twitterのアカウント運用はSNSマーケティングの王道です。 Twitterで注目を集めることで、ビジネスの成長・マネタイズにつなげられます。 とはいえ、Twitterのアカウントを運用するのは簡 ...

AdobeXDのスタータープランは無くなった?誤報です!正攻法でダウンロードする方法を解説 4

Adobe XD はWebサイトやスマホアプリのワイヤーフレーム・モックアップ・プロトタイプなどの作成に使用されるデザインツールです。 WebデザイナーやUI/UXデザイナーにとっては不可欠なツールの ...

【Canva】画像から人物を切り抜きたい!背景の削除と透過方法について画像つきで解説 5

Canvaには、「画像から人物を切り抜いて、背景なしの状態で保存する」機能があります。 ワンクリック操作で画像の切り抜きができるため、初心者にも優しい便利機能です。   この記事ではCanvaの「背景 ...

-SEO, デジタルマーケティング
-