【初心者必見】Instagramでリポストする方法と注意点|画像付きで手順を解説!

Instagramのリポストとは?公式アプリでのやり方をわかりやすく解説

Instagram(インスタグラム)で他のユーザーが投稿した写真を、みんなにシェアしたいと思ったことはありませんか?インスタグラムではTwitter(ツイッター)の「リツイート」ほど簡単ではありませんが、「リポスト」と呼ばれる方法でお気に入りの投稿を友達にシェアできます。

本記事では、インスタグラムでリポストする2つ方法と注意点を、初心者の方でも分かりやすく画像付きで解説していきます。

お気に入りの投稿をシェアして、いまよりもっとインスタグラムを楽しみましょう!

あわせて読みたい
あわせて読みたい

Instagramのリポストとは?

インスタグラムの「リポスト」とは、他ユーザーがインスタグラム上に投稿した写真や動画を、自分のアカウントで再度投稿することです。

例えば、インスタグラム上に投稿されている気になった料理レシピを、自分のアカウントでもシェアしたい場合に再投稿するようなイメージです。

最近では、リポストを活用したキュレーションメディアも多く見られます。他ユーザーの投稿をリポストし、コンテンツとしてまとめて紹介することで、インスタグラムのアカウントをメディア化しているのです。

この際、多数のジャンルにまたがってリポストするよりも、あるテーマに特化してキュレーションするのがポイントです。

InstagramのリポストとTwitterのリツイートの違い

Twitterでは、他ユーザーのツイートをワンタップでリツイートできますが、インスタグラムではそのような機能はありません。

少し手間がかかりますが、インスタグラムでは以下の2つの方法でリポストできます。

  • インスタグラムアプリで投稿をしシェアする
  • 外部のリポスト専用アプリ利用する

2つのリポスト方法にいついて、順に解説していきます。

確実にリポストするならインスタグラム公式アプリを使おう

確実にリポストしたい方は、素直にインスタグラムの公式アプリからリポストするのがベストです。

以前は、リポスト専用アプリを活用しなければリポストできませんでした。しかし、現在ではインスタグラム公式アプリでリポストできるようになりました。

リポスト専用アプリは非公式アプリ(サードパーティ製アプリ)なので、インスタグラムのアップデートによっては使えなくなってしまう可能性や、アプリ側でバグが発生する可能性がありますが、公式アプリではそのような問題が起こりません。

まずは、公式アプリを活用したリポストから始めてみましょう。

Instagramの公式アプリでリポストする方法

ここからは、インスタグラム公式アプリでリポストする方法を解説していきます。

手順は以下のとおりです。

  1. リポストする投稿を決める
  2. 紙飛行機マークをクリック
  3. ストーリーズに追加する
  4. ストーリーズ作成画面で編集する
  5. フィード投稿に追加する

順にチェックしていきましょう!

Step1:リポストする投稿を決める

はじめに、どの投稿をリポストするかを決めます。

インスタグラムの検索機能を活用し、お気に入りの投稿を見つけます。

友達にシェアしたい投稿が決まったら、サムネイルをタップし、投稿を表示しましょう。

検索機能から探すだけでなく、自分のフィード上に流れてきた投稿でもリポスト可能です。

Step2:紙飛行機マークをタップ

リポストしたい写真を表示し、写真下部にある左から3番目の「紙飛行機マーク」をタップします。

Step3:ストーリーズに追加する

紙飛行機マークをタップすると、共有画面が表示されるので、1番上の「ストーリーズに投稿を追加」を選択しましょう。

Step4:ストーリーズ作成画面で編集する

ストーリーズ作成画面に移動するので、編集していきます。

右上のアルファベットマークをタップすると、テキスト入力が可能で、文字のスタイル、カラーなども変更できます。

真ん中のアイコンをタップすると、スタンプや質問箱を活用できたり、ストーリーズに外部リンクを貼ったりすることもできますよ。

これまではフォロワーが1万人を超えないと外部リンクを貼ることができませんでしたが、2021年後半から可能になりました。

1番右側のアイコンをタップすると、手書き文字を書くことができます。文字の太さも選択できます。

編集完了後は、左下の「ストーリーズ」ボタンをタップすれば投稿できます。

このようにさまざまな編集を簡単に行えますが、リポストする場合は、リポスト元へ編集の許可をもらいましょう。

勝手に過度な編集を加えると、トラブルに発展する可能性もあるので注意が必要です。

Step5:フィード投稿に追加する

フィード投稿に追加する場合は、先にシェアしたストーリーを開き、右下の「その他」をタップします。

メニューが表示されるので、「投稿としてシェア」を選択しましょう。

リポストに必要な部分をフィード投稿サイズに合わせ、調整できたら右上の「次へ」をタップ。

投稿に関するキャプションを入力して「シェア」をタップしましょう。

これでリポスト投稿は完了です。

リポスト専用アプリ「Repost for Instagram」でリポストする方法

ここまでは、インスタグラム公式アプリを利用したリポストの手順について解説してきました。繰り返しになりますが、公式アプリからのリポストの方が確実でおすすめです。

ここからは、専用アプリを利用したリポスト方法について解説していきます。専用アプリのメリットは、何と言ってもその簡単さです。機能特化しているだけあって、誰でも簡単にリポストできます。

リポスト専用アプリはいくつかあります。

その中でも定評があるのが「Repost for Instagram」です。

ここからは、「Repost for Instagram」でリポストする方法について解説していきます。

Step1:リポストする投稿を決める

インスタ公式アプリでリポストしたい投稿を見つけたら、右上の3つ点が並んだアイコンをタップし、「リンクをコピー」をタップしリポストしたいURLをコピーします。

Step2:Repost for Instagramを開く

そして、インスタグラムアプリを閉じて「Repost for Instagram」を開きます。

先ほどコピーしたURLが自動的に反映されているので、選択しましょう。

Step3:表示内容&キャプションを設定し、リポストする

リポスト元のアカウント名の表示位置や色を設定し、完了したら「再投稿(=リポスト)」をタップします。

色味の編集画面に移動しますが、リポストの場合は編集しない方が良いので「次へ」をタップ。

キャプション入力に進みます。長押しして「貼り付け」を選択すると元の投稿のキャプションをそのまま貼り付けることが可能です。「シェア」をタップすればリポスト完了です。

インスタグラムでリポストする際の注意点

インスタグラムでリポストする2つの方法を紹介してきました。

誰でも簡単にリポストでき、他人の投稿を利用することになるので、マナーを守らなければトラブルに発展する可能性もあります。

リポストする際は以下の点に注意しましょう。

リポスト元に許可をもらう

他人の投稿を利用するので、必ずリポスト元に許可をもらいましょう。

誰でも勝手に自分の投稿が利用されることは、気分が良いものではありません。

特に企業アカウントや公式アカウントでリポストする際は、信頼に繋がるので許可取りは必須です。

編集や加工はしない

リポスト投稿した内容の著作権は、リポスト元のユーザーにあります。

そのため、色や文字入力などの編集はせず、元の投稿のままリポストしましょう。

キャプション(投稿文)を残す

元の投稿のキャプションは残したまま、リポストするのがおすすめです。

また、キャプションの前にリポストさせてもらったお礼などを記載しておくと良いでしょう。

リポスト元を記載する

どのユーザーの投稿をリポストしたかがわかるように、元のアカウント名を記載しましょう。

「@+ユーザー名」を入力すると、リポスト元アカウントのメンションリンクを貼ることができます。

まとめ|確実にリポストするなら公式アプリ利用がオススメ

インスタグラムでリポストすることで、他ユーザーとの交流が深まり、アカウントの質も上がります。

リポストを中心にキュレーションメディアに挑戦してみるのも良いでしょう。

自分のオリジナル写真や画像を投稿するだけでなく、リポストの形式でアカウント運用も楽しめます。

その際は、しっかりとマナーを守ってアカウントを運用してください。

ぜひ、本記事を参考にインスタグラムのリポストにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

dice

Adobe製品のお得な買い方、スキルアップのためのオンライン学習プラットフォーム情報、デジタルマーケティングの基礎知識など、大人の学びに役立つ情報を発信していきます。コストパフォーマンス高いスキルアップ・リスキリングのお供に。

人気記事

デジハリでAdobeCCを安く購入する方法 1

デザインや動画編集などのクリエイティブな作業に必要不可欠なAdobe Creative Cloud (以下、AdobeCCと略します)を契約すると、IllustratorやPhotoshopなど複数の ...

Canva_有料版と無料版の違いは?_Pro版を使うメリットを解説 2

Canva は、誰でも簡単にプロのようなデザインができるツールです。 バナーやSNS投稿、 名刺やポスター、プレゼン資料、YouTubeサムネイルにいたるまで、豊富なテンプレートを使って誰でも簡単にデ ...

SocialDogの評判、料金プランやメリット・デメリットを徹底解説 3

Twitterのアカウント運用はSNSマーケティングの王道です。 Twitterで注目を集めることで、ビジネスの成長・マネタイズにつなげられます。 とはいえ、Twitterのアカウントを運用するのは簡 ...

AdobeXDのスタータープランは無くなった?誤報です!正攻法でダウンロードする方法を解説 4

Adobe XD はWebサイトやスマホアプリのワイヤーフレーム・モックアップ・プロトタイプなどの作成に使用されるデザインツールです。 WebデザイナーやUI/UXデザイナーにとっては不可欠なツールの ...

【Canva】画像から人物を切り抜きたい!背景の削除と透過方法について画像つきで解説 5

Canvaには、「画像から人物を切り抜いて、背景なしの状態で保存する」機能があります。 ワンクリック操作で画像の切り抜きができるため、初心者にも優しい便利機能です。   この記事ではCanvaの「背景 ...

-Instagram, デジタルマーケティング
-