スマホで使えるビジネス用の固定電話番号を気軽に手に入れよう|メリットや取得する方法を解説

スマホで使えるビジネス用の固定電話番号を気軽に手に入れよう|メリットや取得する方法を解説

ビジネスを始める際には、電話番号が必要になる場合が多くなります。

以前は、固定電話を使用するしか選択肢はありませんでしたが、最近では携帯電話をビジネスに使用する人も増えてきています。

固定電話の導入にはコストも手間もかかることから、固定電話の導入をためらっている方も多いことでしょう。

一方で、固定電話番号の信頼度は捨てがたい気持ちも・・・!

 

そんなあなたに朗報です!

実は、固定電話番号がスマホで気軽に使えるサービスがあります!

 

今回は、個人事業主や起業して間もない方、起業を考えている方に向けて、スマホで使える固定電話番号のメリットや取得する方法についてご紹介していきます。

 

気軽にスマホで固定電話番号が取得できるサービスは03plusがおすすめです。

以下の記事は、03plusのコスパや評判を中心に解説していますので、ぜひ検討してみてください。

>>固定電話番号をスマホで使うなら【03plus】紹介キャンペーン実施中
あわせて読みたい

固定電話番号を取得するメリット

携帯電話は、ビジネスにプライベートにと、気軽に使えることが魅力になっています。

しかし、ビジネスに使用する固定電話番号を取得することには、携帯電話以上にメリットがたくさんあるのです。

取引先からの信用が得られる

携帯電話がビジネスの現場にも普及した現在でも、多くの企業で固定電話を使用しています。世間一般的にも、連絡先に携帯電話番号しか掲載されていない企業よりも、固定電話番号も記載されている企業のほうが信頼度が高いです。

 

始めたばかりのビジネスでは、信頼が何よりも重要になります。

 

固定電話番号が安心されやすいという点は、企業にとって見逃せないメリットになります。

プライバシーを保護できる

ネットショップを運営しようと考えている場合、「特定商取引法に基づく表記」において電話番号を掲載する必要があります。

 

厳密に言うと、住所や電話番号といった項目は表記省略も可能(出典:特定商取引法ガイド)なのですが、「お客様から問い合わせ等があった場合は、遅滞なく情報を開示する必要がある」ため、実質的には開示に備えておく必要があります。

 

この表記に個人の携帯電話番号を使用すると、不要な営業電話がかかってきたり、トラブルに巻き込まれたりする可能性があります。

その点、固定電話番号を持っていれば、自分の携帯番号を掲載せずに済み、プライバシーを保護できます

通話料金を安く抑えられる

固定電話の契約先にもたくさんの種類があり、固定電話の種別によって通話料が変わることもあります。

 

しかし、携帯電話の通話料よりも固定電話の通話料の方が安く済むことは間違いがありません。

 

固定電話には「電話会社選択サービス」もあるので、利用状況によって安く抑えられる会社を探すことも可能になります。

固定電話番号を取得するときのハードル

ビジネスにメリットがたくさんある固定電話番号ですが、携帯電話の番号を取得する際に比べて、固定電話番号を取得するときのハードルは高くなっています。

開通までに手続きが煩雑で面倒臭い

固定電話番号を取得するためには、電話やウェブサイトからNTTに直接申込むという方法があります。

 

この場合、申込自体はそれほど手間ではないのですが、工事日程の調整なども含めて全て自分でやる必要があります。

 

聞き覚えのない専門用語を使い、たくさんの担当者と何度もやり取りをすることになり、非常に面倒になります。

導入コスト・ランニングコストがかかる

固定電話番号を取得するためには、加入権も取得する必要があります。その際には施設設置負担金として39,600円、契約料880円などが発生します。

 

このほかに電話機などの取付工事を行った時には工事費が必要となり、1万5,000円程度の料金が生じます。

 

さらに、1電話番号ごとにユニバーサルサービス料と電話リレーサービス料も必要となります。また、住宅用に比べて、毎月の費用も事務用の方がコストがかさみがちになっています。

事務所移転で番号が変わるので手続き・準備が大変

事務所移転などで転居する際には、アナログ回線でもデジタル回線でも、基本的に同一市区町村内ならば電話番号は変わりません。

 

ただし、NTTの収容局が異なる時には、同一市区町村内でも電話番号は変わってしまいます

 

すると、NTTに電話移転の手続きをすることになります。しかし、それ以上に大変なことが、電話番号が変わること自体の手続きや準備です。

名刺やパンフレット、ホームページに掲載されている番号も、すべて変更する必要が生じます。手間だけでなく、費用の面でも損失が大きくなってしまいます。

スマホで固定電話番号を取得するメリット

ビジネス用としてスマホで固定電話番号を使用することには、たくさんのメリットがありました。

しかし、スマホで固定電話番号を取得してビジネスに使用すると、それ以上のメリットを実感することができます。

ネット上や各種書類にプライベートの電話番号を公開しないで済む

ビジネス用にスマホで固定電話番号を取得できると、ネット上や各種書類にプライベートの電話番号を公開しないで済みます。また、自宅の電話番号を顧客に伝える必要もないので、プライバシーを守ることもできます。

起業する際には、名刺や会社のホームページに電話番号を掲載する必要が多くなります。しかし、それらにプライベート用の電話番号を記載することは、あまり好ましくありません。

プライベート用の電話番号には、個人情報が満載です。セキュリティ上の不安も高まり、余計なトラブルに巻き込まれる可能性や、営業時間外に対応する必要性も増えてきます。

プライベート用と会社の固定電話番号を分けて設定しておけば、防犯にもつながります。

出先でも固定電話番号宛の着信を受けられる

固定電話番号にかかってきた電話をスマホで受信できれば、出先でも固定電話番号宛の着信を受けられます

また、コロナ禍による「新しい生活様式」により、テレワークを実施する企業が増えました。これによって、顧客からの電話対応に困るというケースも多く生じています。

固定電話番号にかかってきた電話をスマホで受信できれば、外出先だけでなく在宅ワークでも、問題なく顧客からの電話に対応することができます。

そのことによって、時間や手間を大幅に節約することができるでしょう。

簡単な手続きで全国の市外局番番号を取得できる

ビジネス用にスマホで固定電話番号を取得する際には、簡単な手続きで、全国の市外局番番号を取得できるメリットがあります。

実際にオフィスがある地域の市外局番ではなく、「03」や「06」といった全国主要都市の市外局番の電話番号を手軽に取得できます。

この市外局番を使って、いつでもどこでもスマホで発着信することができます。

オフィスが全国主要都市にあるということで、クライアントからの信頼も厚くなり、新規顧客も獲得しやすくなります。

スマホで固定電話番号を取得する方法

スマホで固定電話番号を取得するためには、その種類に応じて方法が異なってきます。それでは、種類ごとに、固定電話番号を取得する方法をご紹介していきたいと思います。

IP電話

「IP電話」とは、インターネット接続により通話できるサービスです。スマホに専用アプリをインストールすることで、固定電話の市外局番を利用することができます。

IP電話を導入する際に必要な初期費用は数千円、月額利用料金も1,000円程度とリーズナブルです。

ネット環境があれば工事不要なので導入ハードルも低く、固定電話番号を気軽に取得することができます。

光IP電話

スマホを「光電話」の電話機として使えるサービスが、光IP電話です。

IP電話と同じシステムなので、基本料・通話料ともに安い点がメリットです。また、IP電話とは違って、緊急電話やフリーダイヤルへの発信が可能になります。

光IP電話を使用する際には、光回線の申し込みと契約が必要となり、導入までに1~2ヶ月の時間が必要となります。また、導入工事では壁に穴を開けなければならず、賃貸の場合にはハードルが高いことがあります。

03転送電話

「03転送電話」とは、03からはじまる電話番号をレンタルして、指定の別の電話番号に自動転送させることができるサービスです。Web上で契約して専用アプリをスマホにインストールするだけで、固定電話番号の着信と発信の両方が行えるようになります。

電話回線を引くための工事も不要で、最短10分で固定電話番号が取得でき、すぐに利用開始できます。

クラウドPBX

クラウドPBXの「PBX」は、日本語では「構内電話交換機」のことになります。

オフィスなどで受けた固定電話の着信を複数の内線へとつないだり、内線同士でやりとりをできるようにしたりする機器のことです。

これらのことをクラウドで実現可能にしたものが、「クラウドPBX」になります。クラウドなので機器の購入や、新たな電話回線の工事が不要です。

サービス提供会社に申し込めば、最短3日で利用を開始することができます。

スマホで固定電話番号を取得するときの注意点

スマホで固定電話番号を取得することには、メリットがたくさんあります。しかし、同時に注意点もあります。注意点をしっかりと把握して、後々のトラブルを防止するようにしましょう。

欲しい市外局番を取得できるか確認する

契約するサービス提供会社を選ぶ際には、欲しい市外局番を取得できるかどうかを確認するようにしましょう。

 

スマホで固定電話番号を取得するときには、「03」や「06」など、主要都市固定電話番号を取得できる場合が多くなります。

しかし、取得できる市外局番は、申し込みをした住所の市外局番だけになったりします。さらに、まだまだ利用可能な提供エリアを限定しているサービス会社も多くなります。

 

提供エリア外の住所で申し込んだ場合は、「050」から始まる電話番号での発番になる場合があります。

料金体系を確認する

スマホで固定電話番号を取得するときには、料金体系に注意するようにしましょう。

月額費用は、利用する会社や契約するプランなどで大きく変わります。また、固定電話番号で通話できる同時通話数によって、料金も大きく変わってきます。

 

さらに、初期費用にも注意が必要です。こちらも使用する回線の数が多くなれば多くなる程、料金が高くなります。

 

ビジネスで使用する場合には、使用する回線数が多くなる場合があります。ひとつひとつの料金の差は大したことがなくても、「チリも積もれば山となる」です。

かけなくてもよい経費は節約できるように、契約する前には、料金体系をしっかりと確認するようにしましょう。

解約等の手続きのしやすさを確認する

スマホで固定電話番号を利用できるサービスを利用する際には、解約等の手続きのしやすさを確認するようにしましょう。

解約するためには解約申請が必要となりますが、解約成立日が解約申請日からかなり後になる場合があります。解約成立日までの間には利用料金が発生してしまうので、注意するようにしましょう。

また、年払いでの契約の場合には、1年未満の利用でも返金されない場合もあります。

さらに、解約処理後の取り消しはできなくなります。再度申し込んでも、同じ電話番号が利用できないことにも注意が必要です。

まとめ

ビジネスを始める際には、ムダな経費は抑えたいものです。自分が持っている携帯電話ならば、費用は抑えられます。

しかし、スマホで使える固定電話番号を取得することには、驚くほどメリットがたくさんあります。

この記事を参考にしてスマホで使えるビジネス用の固定電話番号を取得して、ビジネスの可能性を大きく広げていきましょう!

 

気軽にスマホで固定電話番号が取得できるサービスは03plusがおすすめです。

以下の記事は、03plusのコスパや評判を中心に解説していますので、ぜひ検討してみてください。

>>固定電話番号をスマホで使うなら【03plus】紹介キャンペーン実施中
あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

dice

Adobe製品のお得な買い方、スキルアップのためのオンライン学習プラットフォーム情報、デジタルマーケティングの基礎知識など、大人の学びに役立つ情報を発信していきます。コストパフォーマンス高いスキルアップ・リスキリングのお供に。

人気記事

デジハリでAdobeCCを安く購入する方法 1

デザインや動画編集などのクリエイティブな作業に必要不可欠なAdobe Creative Cloud (以下、AdobeCCと略します)を契約すると、IllustratorやPhotoshopなど複数の ...

Canva_有料版と無料版の違いは?_Pro版を使うメリットを解説 2

Canva は、誰でも簡単にプロのようなデザインができるツールです。 バナーやSNS投稿、 名刺やポスター、プレゼン資料、YouTubeサムネイルにいたるまで、豊富なテンプレートを使って誰でも簡単にデ ...

SocialDogの評判、料金プランやメリット・デメリットを徹底解説 3

Twitterのアカウント運用はSNSマーケティングの王道です。 Twitterで注目を集めることで、ビジネスの成長・マネタイズにつなげられます。 とはいえ、Twitterのアカウントを運用するのは簡 ...

AdobeXDのスタータープランは無くなった?誤報です!正攻法でダウンロードする方法を解説 4

Adobe XD はWebサイトやスマホアプリのワイヤーフレーム・モックアップ・プロトタイプなどの作成に使用されるデザインツールです。 WebデザイナーやUI/UXデザイナーにとっては不可欠なツールの ...

【Canva】画像から人物を切り抜きたい!背景の削除と透過方法について画像つきで解説 5

Canvaには、「画像から人物を切り抜いて、背景なしの状態で保存する」機能があります。 ワンクリック操作で画像の切り抜きができるため、初心者にも優しい便利機能です。   この記事ではCanvaの「背景 ...

-副業・個人事業主
-